お客様から正直なお礼のメールをいただきました。

先日、トラベルヘルパー付介護旅行をご利用いただいたお客様からお礼のメールをいただきました。

以下、お客様からのメールの抜粋です。

思い出の写真を有り難うございました。

母の柔らかな表情の写真がありとてもうれしく思いました。
姉もこんな優しい顔があったんだと喜んでいました。

またタクシーの件については、厳しい対応をなされたことに対し
驚くとともに会社としての姿勢を感じることができ、
あ・えるさんに任せて安心なんだと強く思いました。

正直なところ、最初お願いして大丈夫なのか、だまされていないのかなど考えたものです。

料金設定が細かく明記されていたことと、
メールでのやりとりの中で
母のこと 私たちのことを思ってくれる優しさに 本物だ!と確信にかわりました。

簡単に東京に行くことは出来ないのですが、
残り少ない母の人生  少しでも楽しみを感じることが出来たらなと思っています。

その時は またお世話になると思います。

宜しくお願いします。

皆様の活躍がもっと広まることをお祈りして・・・・

抜粋、ここまで。

このようなお客様からのメールが、私たちの一番の励みになります。

文中の、

正直なところ、最初お願いして大丈夫なのか、だまされていないのかなど考えたものです。

というご意見、よく言われます(笑)。

ごもっともだと思います。

旅行会社とはいえ、大きな旅行会社でもなく、あ・える倶楽部なんて聞いたこともない、

トラベルヘルパーという職業もあまりよく分からない、

ましてや、大事なお母様の旅行中の介助をその人に任せられるのかしら、、、

と、ワタシだったら思ってしまうでしょう。

それを任せて下さるお客様がいらっしゃる。

あ・える倶楽部の介護旅行やトラベルヘルパーを、

勇気を持って信頼して、

ご利用下してさるお客様がいるからこそ、

わたしたちはこうやって、

あ・える倶楽部の活動や介護旅行、トラベルヘルパーを広めていくため、がんばれるのです。

お客様、ご家族様に支えられていると心から感謝です。

今、トラベルヘルパーをご利用いただいているお客様、そのご家族様が、

これからの時代の本当のリーダーなのかもしれない、

と、強く思いました。

ますます張り切れます。

Oさま、とても励みになるメール、ありがとうございました。

「お墓参りと家族旅行」

北海道に住む娘様からあ・える倶楽部HPから相談のメールをいただきました。

都内の特別養護老人ホームにすんでいらっしゃるお母様と一緒に千葉のお墓参りにいきたい、と。

娘様お二人は札幌在住。

お父様は日野市にお住い。

お父様のお家近くのホームにお母様は入所していらっしゃる。

ご両親とお二人のお嬢様と、お母様の妹様(叔母様)、5名様に、

トラベルヘルパーとして宮下さんが一泊二日のご旅行に同行いたしました。

全行程福祉タクシーで移動します。

michikosama 216.jpg

まずは、

品川の新高輪グランドプリンスホテルの北京料理「桃李」でご昼食。

そして、

今回のご旅行の一番の目的である松戸で「お墓参り」です。

5年前に92歳で亡くなられたお母様のお墓の前で、

「お母さんのこと覚えている?」

と、娘様が尋ねられると、

「忘れるわけがない。」

と、涙されたそうです。

michikosama 235.jpg
ご家族で一枚。

一日目は、お墓参りを済ませ、南房総富浦ロイヤルホテルでご宿泊。

ぐっすりと休まれました。

二日目はマザー牧場へ。

michikosama 238.jpg

満開の菜の花畑を散策される。

michikosama 242.jpg

途中お散歩中のワンちゃんに、「こんにちは。」

michikosama 245.jpg

お母様は、きれいな菜の花畑を楽しまれ、

かわいいワンちゃんに目をほそめられていらっしゃったそうです。

そして、帰り道の途中、福祉タクシーの車窓からの眺めを楽しまれる。

michikosama 247.jpg

michikosama 217.jpg

michikosama 225.jpg

途中、海ほたるで休憩。

ぽかぽかと静かな海を、海の香りを、楽しまれたそうです。

michikosama 251.jpg
お母様とトラベルヘルパーの宮下さんで、記念に一枚。

その後、皆様でお母様をホームまでお送りした後、

娘様お二人は札幌にお帰りになりました。

お嬢様お二人より、

荷物の準備も必要のない、皇居や浅草への都内の日帰りのお出かけもいいわね、

北海道への里帰りもいいわね、

というお話も出たそうです。

健康を崩され、ホームに移られて初めてのご旅行。

普段は離れて暮らす嫁いお嬢様たちとの時間を過ごす特別なご旅行でした。

とは、トラベルヘルパー宮下さんの感想です。

ご家族皆さま、お墓参りとご旅行、大変お疲れ様でした

お花見 de お出かけ日和。

昨日の取材で突然決まった同行取材。
http://plaza.rakuten.co.jp/itsumonikoniko/diary/200904020000/

今日はOさまの、トラベルヘルパーとのお出かけの日です。

ご自宅近くの桜の見どころを散歩されます。

今日は、

Oさま、トラベルヘルパー広中さん、ひよこマーク(研修生)トラベルヘルパー長谷川さん、

そして、朝日新聞社の記者の方、

総勢4名です。

P2009_0403_121622.JPG
記者の方の取材に答えるOさま。

P2009_0403_113651.JPG
ひよこの長谷川さんと、桜を見上げるOさま。

きれいですね。という声が聞こえてきそうです。

長谷川さんは、国内添乗員として活躍してます。

ホームヘルパー2級を取得して、

トラベルヘルパーとして、自分の可能性を広げようとしてる、とっても前向きな方です。

トラベリエとして「旅行教室」のガイドの研修にも参加してます。
http://plaza.rakuten.co.jp/itsumonikoniko/diary/200901090001/

Oさまともすっかりうちとけて、

「ひよこマーク」がとれるのももうすぐです

今日はお天気もよく、風もなく、ぽかぽか陽気でした。

Oさま、桜をこころから満喫していらっしゃった様子です。

次回は、映画を観にお出かけのご予定です。

トラベルヘルパーとお出かけ、してみませんか??