グアムではじける天使の笑顔♪

M様ご家族の「グアム旅行」の、「酸素手配」をお手伝いさせていただきましたが、
『無事グアム旅行を終え、旅の感想をここで。』 と、感想メールをいただきました。
あ・える倶楽部さんとの綿密なやり取りと、
小さな疑問でも確実に回答いただけたことで、安心して旅行に臨めました。
事前のリフトバス手配や、万一の滞在先の酸素設置など、現地の状況も分からず不安でしたが、
あ・える倶楽部さんでの情報提供と確実な準備態勢で旅行中は不安感なく旅を満喫できました。
入国、出国審査や搭乗手続きも混雑の中、車椅子家族優先で、空港係員先導のもと、
スムーズに通過でき、息子にとっても負担の少ない旅になりました。
この旅で自信がつき、
さらに遠くへ、違った国へ、家族の思い出を増やすため出かけたいと思います。
またあ・える倶楽部さんにお世話になることもあると思います。
どうぞまた、宜しくお願いします。
息子の笑顔がこの旅行の成功を語っていると思います。
またこの笑顔が見られるよう旅を目標に充実した生活を送りたいものです。
あ・える倶楽部のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
追伸
旅の写真を添付致します。(数回に分けてお送りします。)
2009年  8月28日
そして、添付くださった写真の中からいくつかをご紹介します。
IMG_1801.jpg
往路の飛行機の中でのK君。
はじける「天使の笑顔」です!!!
IMG_1811.jpg
グアム到着後、バスから降車します。
IMG_1821.jpg
妹のMちゃん。
お兄ちゃん想いのほほえましさ満開の一枚です。
IMG_1878.jpg
グアムの海で、
お父様の腕で安心して波をを楽しむK君。
その横で、Mちゃん、ピース。
歓声を上げて、楽しむK君とMちゃんの声が聞こえてきそうです。
tenshi
ご家族で。
Mちゃん、お花をもってかわいくポーズ。
IMG_1816.jpg
こんなステキな虹の画像も。
ご両親の愛情あふれるまなざしと、
K君、Mちゃんのとびきりの笑顔から、
私たちスタッフも、「今日も一日がんばるぞーーーーっ!」と、
やる気パワーをたくさんいただきました。
弊社スタッフが中心になって酸素手配させいただきました。
M様、
温かなご家族のほほえましさいっぱいの画像と感想をお送り下さいまして、
ありがとうございました。

トラベルヘルパーの「説明会」と「介護旅行相談会」

今日は月一回の「トラベルヘルパー説明会」&「トラベルヘルパー介護旅行相談会」
「トラベルヘルパー説明会」は、「トラベルヘルパー」を目指す人たち対象の説明会です。
ご希望者が多く、(ありがとうございます)
午前の部と午後の部の2回に分けて、あわせて30名近くの方が、参加下さいました。
gazo 001
今回の説明会ナビゲーターは、宮下さん。
トラベルヘルパーは、
お客様が安心して快適に外出やご旅行が出来るよう、
列車や介護タクシー、ホテルの手配、
ご入浴やお食事などのお手伝いはもちろん、
お客様と一緒に、
その瞬間を楽しむこと、
感動を共有することも、
大切な役割だと考えます。
ということを熱く説明させていただきました。
その後、午後三時からは、
実際に、外出や旅に出たいけど、、、どうしたらいいかわからない、、、という
お客様への『トラベルヘルパーの介護旅行相談会』。
宮下さん、高坂さんが、
前もって予約をいただいた3組のお客様の??にお答えしました。
トラベルヘルパーと一緒に外出したいけど、どこから話したらいいの?
あきらめていた旅を実現してくれるって聞いたけど、実際どこだったら行けるの?
介護旅行って、どんな旅行なの?
と、旅行には行きたいというご希望を実現させるために、
まずどうしたらいいのかを一緒に考えて、ご提案させていただきました。
いらっしゃった時には、
こう出来たらいいのにな。。。という、お客様のご希望が、
帰られる時には、
いつ、どこに、何でご旅行に行く、
トラベルヘルパーにはこういうお手伝いをしてほしい、
という具体的なカタチになりました。
秋田への里帰りのご旅行
千葉の温泉に一泊二日のご旅行
四国高知へのお遍路
お客様の喜びが私の喜びというのがトラベルヘルパーの素質では一番大切,
と思いながら、
今日説明会に参加して下さったトラベルヘルパーの卵の人が、
相談会にいらっしゃって下さったお客様に同行する、、、
なんて、出会いがこれから生まれるかもしれない、、、
と思ったらワクワクしてきました。

ステキなご家族と巡り合えた介護旅行

お客様のO様からお手紙をいただきました。
IMG_0001.jpg
O様は、お盆にご家族で沖縄宮古島にご旅行されました。
お母様のお手伝いで同行したトラベルヘルパーは宇田川さん。
O様は、写真も何枚か同封して下さいました。
お母様には、美しい宮古の浜で、車いすから離れて海の中にも入っていただきました。
IMG_0007.jpg
お母様の後ろで白いパラソルを持っているのがトラベルヘルパー宇田川さん。
とてもステキなお写真です。
このご家族旅行の第一の目的は、
お母様をお孫さんと一緒に海辺で波遊びをさせてあげたい、
というO様の「親孝行」です。
地元料理店では、お食事のあと皆で沖縄民謡で踊って盛り上がりました!!
90813K様沖縄 142
お母様の左腕がいつもよりも上がって、ご家族皆さまがビックリされました。
「旅はリハビリ」を、身を持って証明してくださいました。
01 (67)
ご家族と一緒にトラベルヘルパー宇田川さん(右)
左は介護タクシーのドライバーさん。
宇田川さんの感想です。
お母様は息子さんやお孫さんを、
又、お孫さん、息子さん達はお母様を、
お互いに心配したり気遣う言葉が多々あり、
素敵なご家族とめぐり合えた事に感謝しております。
ステキなご旅行を紹介させていただきました。

日比谷ダンスホールへ「お出かけ日和」

おなじみのO様、今回はトラベルヘルパー廣中さんと
日比谷にある東宝ツインタワーにあるダンスホールへ「お出かけ日和」です。
ダンスホールへ行く前に、
帝国ホテルでご昼食。
その後日比谷公園でアイスキャンディーを召し上がる。
ダンスホールでは、40分ほどの間、
華やかな衣装をまとって、軽快にステップを踏む方々のダンスを楽しげにご覧になっていました。
0908230004.jpg
Oさまのご友人のMさまと一緒ににこっ。
Oさまも、むかしこのホールで踊ったことがあるそうで、懐かしいご様子。
「車いすダンスでもやろうかな。」と新しい好奇心と意欲に目を輝かせていらっしゃいました
と、廣中トラベルヘルパー。
もしかしたら、、この誌面で、Oさまのダンスをご紹介できるかも。。。
Oさまの新しい意欲と好奇心に、ワタシも一つ楽しみが増えましたjumee☆excite1a

近所のスーパーで人ウォッチング。

ほぼ毎週トラベルヘルパーとお出かけしているNさま。
今回は、近所のスーパーでお買い物にお出かけしました。
ピンクの麦わら帽子をかぶって、
本当に近所ですので、ちょっと遠回りしてスーパーに向かいました。
道すがら、家々の玄関のお花に「きれいねぇ?」とつぶやかれる。
畑の花を車いすを止めて眺めていると通行人の方に話しかけられたり、
自転車の人はカゴに入った白い花を取り出していい匂いを嗅がせて下さったり。
スーパーでは、店内をいろいろと見てまわり、
マグロのお刺身に、おいしそうね?。
ビール売り場では、ご主人のことを思い出してお話ししてくださり、
牛乳の試飲コーナーで、カップに入った牛乳をもらい、テーブルに移動して飲まれました。
アイス売り場では、バニラのアイスクリームを召し上がられました。
テーブル席では、活気ある小学生の子供たちををしばらく眺めていらっしゃいました。
90818 002
ちょっとしたお散歩を兼ねた近所のスーパーに「お出かけ日和」でしたが、
大好きなお花を眺めたり、
道行く人と言葉を交わしたり、
元気な小学生を眺めたり、
ウォッチングを楽しまれたNさまでした。
お出かけ後、
お嬢様からメールをいただいてます。

外で食べるアイスなど母には良い影響を与え、きっとゆったりとした時間を過ごしたと思います。
少しでも幸せな気持ちでいてくれたらなと思います。
母にはいい刺激になると思います。
宮下さんにすべてお任せします。
これからもよろしくお願いします。

宮下さんがトラベルヘルパーとして同行した「お出かけ日和」でした。

東大赤門へ「お出かけ日和」

週一回ぐらいのペースで「お出かけ日和」を楽しんでいらっしゃるNさま。
N様のお孫様が東大生ですので、
先週のお出かけは、東京大学赤門でした。
東大裏口から介護タクシーで入ります。
90810 010
さっきまでの豪雨がうそのようにピタッと止みました。
90810 005
赤門前で、記念撮影です。
その後、安田講堂前まで移動して、講堂を興味深くご覧になるNさま。
およそ6時間のお孫さんの学ぶ『東大赤門見学のお出かけ日和』でした。
Nさま、次週の「おでかけ日和」は、近所のスーパーに「人間ウォッチング」に行かれます。
トラベルヘルパーとの「お出かけ日和」で、
お買い物、ちょっとしたご近所へのお出かけ、お稽古通い、などなど、
ご自分の行かれたいところ、
ご自分のしたいこと、
トラベルヘルパーがお手伝いさせていただきます

介護旅行「おまかせプラン」

埼玉にお住まいのE様から、
場所はどこでもいいので、旅行に同伴してほしい、、、。
と、お問い合わせをいただきました。
「おまかせプラン」
踊り子号で行く伊豆長岡、二泊三日をご提案させていただきました。
同行トラベルヘルパーは押見さんです。
SANY0091.jpg
踊り子号車中で。
柿の葉寿司とカツサンドでランチです。
SANY0099.jpg
夕食前にホテルの日本庭園をうれしそうに散策いただきました。
SANY0100.jpg
お夕食のバイキングでは、大好きな冷酒もそばにあり、「いっただきま?す。」
鰻をたくさん召し上がられました。
SANY0106.jpg
明徳院にて。
下の魔よけ神社で、便器型賽銭箱に照れくさそうに跨りました。
SANY0115.jpg
伊豆洋ランセンターにて。
蘭の花や、サボテン観賞の後、
久しぶりに見たフラミンゴに感動されてました。
SANY0125.jpg
久々の新幹線。
こだま640号乗車前にうれしそうな一枚です。
会社を築き上げ、ずっと多忙だったE様。
あまり会話を好まないのかと思ったら、色々な事を話してくれました。
お宿でも、普段は行水だ!とおっしゃっていたE様も、
特に貸切のお風呂には満足されていらっしゃいました。
(以上、コメントは、画像のものを含め、トラベルヘルパーの押見さんのもの)
E様は、9月には、新潟福島にご旅行にまた行かれます。
E様、これからもよろしくお願いします。

秋田へ「お墓参り」旅行

東京近郊の施設スタッフの方から、介護旅行の相談のお電話があったのが6月上旬です。
入所されている方が秋田にお墓参りに行きたいのですが、
トラベルヘルパーさんを同行していただけますか。
弊社のことはネットで検索してお問い合わせしてくださったそうです。
事前の聞き取りに、宮下さんが施設に伺い、詳しいご希望をお伺いして、
そして、このご旅行が7月下旬に実現しました。
I様
お客様のI様。
宮下さんが事前の相談に伺ったときのショット。
ステキな笑顔です。
今回のご旅行の目的は二つ。
その1. I様の弟様に会うこと。
その2. お墓参り。
行きは飛行機、帰りは秋田新幹線の一泊二日の旅。
ご旅行一日目。

感激のご兄弟の再会です。
SANY0055.jpg
左がI様。右が弟様。
I様の表情と手を振る様子にうれしいお気持ちが伝わってくる一枚。
SANY0067.jpg
宿泊した旅館の前で、I様と押見トラベルヘルパー。
そして、
もう一つの目的。
お墓参り。
I様
I様、念願のお墓参りで、なんとなく晴れやかなご様子です。
念願のお墓参りの後、
以前I様のご実家があったところをI様のご記憶をたよりにすこし散策してみました。
以下、押見トラベルヘルパーの感想です。
弟様と対面すると、男同士は多くは語らず、
嬉しさからか照れくさそうにしているのが印象的でした。
(お墓参りは)年を重ねても敬う気持ちを大切にされ、
お墓参りの後、実家の跡など巡り思い出にひたっているI様の記憶力に感心しました。
今度は弟さんといっしょに、さとみ(宿泊した旅館)で再会しましょう。
ステキな旅のお手伝いが出来て私どもスタッフ一同、とても嬉しかったです。
また、I様のすてきな笑顔に心を和ませていただきました。
I様、ありがとうございました。

『ミラクル親子愛』

先日のブログでも紹介させていただきました、
長野小布施に親子介護旅行。
新幹線で「信州松代温泉」介護旅行
トラベルヘルパーで同行した小関さんからのレポートを紹介させていただきます。
「楽しく笑ってバカ言って生きる方が良いって気づいたのよ。」という言葉通り、
お母様は行程中に何度も楽しそうに笑っては”幸せ?”を連発していらっしゃいました。
そのパワーを一緒にいるともらってしっまうようで、私もトラベルヘルパーとしてだけでなく、
旅を供する者としてとても楽しい旅行となりました。
浴場での背中の流しっこで笑っていたせいか、
浴場のスタッフの方に「おばあちゃんと旅行ですか?いいわね?」と言われて
二人で爆笑したエピソードもありました。
お食事に関しては、
お二人とも「好き嫌いなく食べるのが我が家の良いところ」の通り、何でも召しあがります。
天気予報は大雨注意報でも、
お二人の行くところ快晴です。
ミラクルを呼ぶ『親子愛』
お母様は健様の(ご旅行中の)様子を楽しげに見ることが親子旅の目的だと感じました。
「健だけのほうがいろいろと見て回れるかもしれない。私も今年は止めようと毎年思うんだけど、
でもやっぱり楽しいから一緒に来ちゃうのよ。」
というお母様の言葉には、その願いを叶えるための、
トラベルヘルパーの役割についてとても考えさせられるものがありました。
お母様と健様の絆にも触れ、
年一回でも続けて旅が出来るようにお手伝いしていけたらと思います。
目と目を合わせてニコッ
お母様と健様。
目と目を合わせてニコッ。
DSCF0156.jpg
小関さんが自分撮りショットで撮った画像です。
こんないい笑顔してくださってとは、うれしかったです。by 小関さん
お母様の言葉をたくさんレポートしてくれたので、
ご旅行中の様子が手に取るように分かります。
健様への深い愛情と、お二人の絆も。。。
ワタシも母ですので、健様のお母様のお気持ちが分かる気がします。
小関さんのレポートを読んで、
とっても温かい気持ちになりました。
健様、お母様、
トラベルヘルパー小関さん同様、
私たちスタッフも、お二人の「親子旅行」のお手伝いが出来て本当によかったです。
ありがとうございました。

うれしいご家族からのコメントをいただきました!

先日紹介させていただいた
温泉、お酒、おいしいもの、、、、親孝行とお誕生日をトラベルヘルパーがお手伝い
M様のお孫様の野田 麻菜美 様より、コメントをいただきました。

先月はありがとうございました。
グルメツアーでニコニコと素敵な笑顔を見せているM氏の孫です(笑)
脳梗塞を発症し体が思うように動かない事、身の回りの事ができなくなってしまった事、何よりも好きな場所へ自分の力で出向いて行くことが出来なくなってしまったということで今まで辛い思いをしてきている祖父。
まさか旅行に行けるなんて思ってもいなかったことでしょう。
旅行を決めてからのリハビリへの意欲!!日常の全ての動作がリハビリに繋がっているのだと少しずつではありますが意識改革が起こったのではないかと思います。
私もリハビリ職に就いている身です。あ・える倶楽部さんと同じ利用者さまの“生き甲斐作り”を手伝えるよう頑張っていきたいと思います。このたびは本当にありがとうございました。
野田 麻菜美

野田麻菜美様、とてもステキなコメントをありがとうございました。
ご旅行中のご祖父様の笑顔や、麻菜美様のくださったコメントが
私たちあ・える倶楽部スタッフの一番の励みで、原動力になっています!!
スタッフ一同、ますます皆様のおこころの励みのお手伝いができますよう、
日々、一生懸命進化していきたいと思いますので、
引き続き、よろしくお願いします。
麻菜美様、
M様のお出かけ、ご旅行のお手伝いさせていただきますので、
いつでも、お気軽にご連絡下さいませ。
(お互い、やり甲斐あるお仕事、ますます明るく元気にお手伝いしたいですね!!)

川崎の「電気史料館」へお出かけ日和。

おなじみのO様、
「お出かけ日和」で、川崎の「電気の史料館」に行かれました。
トラベルヘルパーは、これまたおなじみの廣中さん、
プラス、ヒヨコトラベルヘルパーの戸塚京子さん。
0908070001.jpg
駅のホームで、O様とトラベルヘルパー戸塚さん。
電気の史料館の前には、O様かかりつけの歯医者さんがあります。
史料館に行く前に、いつもお世話になっている先生にご挨拶&記念撮影。
0908070003.jpg
うれしそうなO様。
トラベルヘルパーの戸塚さん、さっすが歌って踊れるトラベルヘルパー!!
フォトジェニックですね。ポーズが決まってます。
その後、電気の史料館を見学。
0908070007.jpg
昔懐かしい洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの電化製品が並んでいて、
映像で、明治20年からの日本の電気について見ることができます。
O様、とても興味深く見学されて、
施設の皆様と一緒にここに見学に来られるといいなぁ?と何度もおっしゃっていたそうです。
O様のご希望が叶いますように。。。

長野小布施に親子介護旅行。

いつもご利用いただいている健さま。
前回の北海道へのご旅行はコチラ→カシオペアで行く北海道の旅。
恒例のお母様とのご旅行、今回は「信州 長野」です。
先日ちょこっとブログでご旅行の様子をお伝えしましたが、
新幹線で「信州松代温泉」介護旅行
とってもステキな笑顔の画像が届きましたので、もう一度、お伝えします。
今回は、長野新幹線で行く、信州松代温泉への二泊三日の旅。
健様には、本吉トラベルヘルパー、お母様には、小関トラベルヘルパーが同行しました。
DSCF0156.jpg
お母様と、小関トラベルヘルパーの車中でのショット。
満面のお母様の笑顔がとってもステキです。
DSCF0140.jpg
善光寺にて。
健様、お母様、本吉トラベルヘルパー。
お母様は、「遠くとも一度は詣れ善光寺」と微笑みながら何度もおっしゃっていたそうです。
(本吉トラベルヘルパー談)
DSCF0155.jpg
長野駅から電車に乗って小布施へ。
DSCF0165.jpg
小布施駅にて、親子水入らずショット。
その後、あの川中島古戦場跡で散策しました。
DSCF0196.jpg
キティちゃんに囲まれて、全員で、はいポーズッ!
お母様と小関トラベルヘルパーは、ピースで決めてマス。
その後は、ホテルに戻って、ディナー。
DSCF0187.jpg
おいしそうなデザートに、健様、この笑顔です。
健様のこの笑顔には、いつもキューン!ドカン!!の、ワタシ。
DSCF0199.jpg
今回の健様のご旅行の目的の一つ「信州牛のすき焼き」
この笑顔に、再び、キューン!!ドッカン!!!カワユス
今回のご旅行中、
お母様はずっと、しあわせ?、しあわせ?を、連発していらっしゃったそうです。
(小関トラベルヘルパー談)
健様は、
バスの中で、お母様の肩にそっと寄り添ったり、
露天風呂では、気持ちよさそうに体を伸ばして笑みを浮かべていらっしゃったり、
善光寺では、ご自身でお賽銭を投げ一生懸命何かを祈願されていたり、
もちろん、お食事をおおいに楽しまれていたそうです。
(本吉トラベルヘルパー談)
ふだんは離れて暮らす、健様、お母様のほほえましい「親子旅行」でした。