「仲間が別れを告げた開聞岳を空からみてみたい」感動の介護旅行、無事戻りました。

「仲間が別れを告げた開聞岳を空からみてみたい」の介護旅行
特攻隊仲間を想って、知覧へ。「仲間が別れを告げた開聞岳を空から見たい」

知覧冨屋食堂の展示の中に!こんな計らいを誰が想像出来たでしょうか!!
無事戻られました。
娘様からは、帰られたその日のうちにお礼のメールをいただいてます。
こんばんは 自宅に戻りました。
宇田川さん、介護タクシーさんお世話になりました。
企画いただいたあ・える倶楽部のみなさん、本当にありがとうございました。
父親の夢が実現したなんて、九州からかえった今も信じられない気がします。
今朝まで九州にいたなんて。
宮下さんに教えて頂いた足湯父親も入りましたよ。
もう少し落ち着きましたら、もう少しましなお礼のメールをいたします。
本当にありがとうございました。
そして、本日、改めてメールをいただきました。
こんにちは、
宇田川さん、介護タクシー転手さん富屋食堂ではとてもお世話になりました。
私は特攻平和会館が先と考えていました。
運転手さんは先に案内をしてくれました。
表だけ写真を撮り次と思っていました。
父親が入ることが出来るならと言いヘルパーさんと入りました。
そこであんな再会があるとは。
運転手さんが葉書を見つけてくれました。
私は撮影禁止なのだから、見ることが出来ただけでもと思いました。
宇田川さんが話をしてくれ思わず葉書を手にすることができました。
戦争中の父親に会えるとは思いませんでした。
ありがとうございました。
こんな偶然あるのか!と感動したエピソードはコチラに詳細があります
知覧冨屋食堂の展示の中に!こんな計らいを誰が想像出来たでしょうか!!
tegami.jpg
本来は撮影禁止の展示物ですが、
冨屋食堂様の温かい計らいで、I様ご自身で手にとってご覧いただきました。
また、今回、I様の一番のご希望であった「空から開聞岳を見る」為に、
チャーターフライトにご協力下さった熊本航空株式会社松田様よりも
メールをいただいてますのでご紹介させていただきます。
松田様は、セスナ機を操縦してくださった方です。
今回のフライトを実施させていただけたことを誇りに思います。
I様や御家族の方の思い、宇田川様の優しさと人を思うことの気持ち。
宮下様をはじめ、SPIあ・える倶楽部様の人の夢を実現させようとする努力。
本当にすばらしいと思います。
(個人的な意見ですが)正直言いますと、TVの取材が入ると聞いたとき、
せっかくのI様の御旅行計画が取材に気を取られて本来の目的が
薄れてしまうのではないかと思っていました。
しかし、開門岳を離れて鹿児島空港に向かっていた際、
I様は開門岳が見えなくなるまでずっと見ておられたと思います。
そのシーンをカメラマンの方がカメラの位置をずらすことなく
ずっとI様と開門岳の方を映されていました。
その間約10分くらいだったと思います。
I様の隣では宇田川様が少し涙ぐんでおられた感じでした。
私はこの状況をわずかでしたが見て・感じることができ、
「人を思うとは何ぞや」というものをあらためて知ることができました。
また、なぜTV取材の方が来られたのか、ようやく理解できました。
皆様、本当にプロです。
本当にありがとうございます。
先日、篠塚様のメールの中に
「遺族会の方とご一緒しラバウルを飛び立った時のことを思い出しました。」とありましたが、
SPIあ・える倶楽部様は本当の意味での心のケアをされている会社なんだと感じました。
I様のような境遇に立たされた方はまだまだ数多くおられると思いますが、
ほとんどが口には出せず、思いも遂げられない
(または、遂げられなかった)方ばかりではないかと思います。
その方達の願い(思い)をかなえようとする努力、本当にすごいです。
私も2年前までは海上自衛隊の操縦士をしていたため、
広島県の江田島市、鹿児島県の鹿屋市などの資料官を見学する機会がありました。
戦争に行かれた方達の家族への思いが記載された遺書などが数多く掲示されており、
何とも言えない思いがありました。
そのせいもあって、今回のご依頼に関しては必ず成功させたいという思いが強く、
I様が喜ばれていたことを聞いてとても安心しました。
ありがとうございます。
また、TBSテレビ「みのもんたのサタデーすばッと」のキャスター下村健一さんからも、
本当に素晴らしいドラマの連続ですね!
と、感想をいただいています。
今回のご旅行について、、、
I様、ご家族の方、ご協力いただいた皆様の温かい気持ちが、
バトンリレーされて「ますます大きな温かい気持ち」になったと思います。
私たちは毎日の慌しさに、
見えるものしか見ない生活を送ってしまいがちですが、
目に見えないものの大切さ、、、に、改めて気付かさせていただきました。
皆さま、ありがとうございました。
最後にトラベルヘルパーとして同行した宇田川さんの感想です。
戦後60年もずっと思い続けていた長年のお父様の”夢”を実現させてあげたい・・
というお嬢様のお気持ち、
またその事をいつも側で温かく見守っていつでも優しくフォローしているご主人様と
素敵なご家族と一緒に旅行に参加でき嬉しく思っております。
知覧の富谷食堂ではたくさんの展示物の中に板橋様ご本人が特攻隊の友達に送った葉書を見つけた時には
感激し過ぎて体が震え目は涙で一杯になり、
自分の目で名前を確かめたくて何度も見るのですがボヤケて確認できない状態でした。
このような感動の時を一緒に過ごさせていただいた幸せを心から感謝いたします。

知覧冨屋食堂の展示の中に!こんな計らいを誰が想像出来たでしょうか!!

昨日のブログでも紹介させていただいた
「特攻隊仲間が飛び立った知覧に行きたい!仲間が別れを告げた開聞岳を見てみたい」 の介護旅行が続行中です。
本日は、知覧特攻平和会館やホタル館や富屋食堂に見学にいっていらっしゃいました。
トラベルヘルパー宇田川さんから「すごいです!」というタイトルのメールが届きました。

今知覧のとめさんの家を見学してますが
展示物にI様ご本人が
宮川三郎さんに出した手紙が展示されてます。
ご自分が出した手紙を発見して、、、
ええーーーっ!!
宮川三郎さんといえば、出撃前夜に「ホタルになって帰ってくる、、、」と行って飛び立っていった、
というエピソードが映画になった方ではありませんか!
ご自分が宮川さんに宛てた手紙が、そこに展示されているのをご存知なかったのです。
こんな計らいを誰が想像出来たでしょうか!!!
冨屋食堂で
見学を終わって、富屋食堂の前で。

さっきとめさんの所では
ビックリして興奮して鳥肌が立って
(こんなことがあるのか!?)と手は震えるし,
目はウルウルしちゃうしで
字がぼやけて大変でした
と、追加メールと画像が送られてきました。
2010051414210000.jpg
娘様ご夫婦にと一緒に開聞岳を眺めるIさま。
この戦争が終わって今年で65年。
65年の間、ずっとずっと胸の奥底にずっと秘めていらっしゃったI様のお気持ち、
開聞岳を空から眺めた時、
ご自分が書いた手紙を見つけた時、
どんなものだったのでしょうか。
I様のこのご旅行を通して、
平和って?
戦争って?
生きるって?
いろんなことを改めて考えさせていただく機会をいただいています。

特攻隊仲間を想って、知覧へ。「仲間が別れを告げた開聞岳を空から見たい」

「特攻隊仲間が飛び立った知覧に行きたい!仲間が別れを告げた開聞岳を見てみたい」
というお父様の願いを、ご家族とあ・える倶楽部で叶える介護旅行に昨日出発しました。
第二次世界大戦中特攻隊訓練を受けていた青年がいました。
彼は出撃することなく終戦を迎えましたが、仲間の多くが知覧から出撃していきました。
それからずーっと、知覧から飛び立った仲間が見たであろう開聞岳を見たい、と、心の中で想って生きてきました。
そして、85歳になってようやくその夢が実現しました。
2010051312430000.jpg
静かに見ていらっしゃいましたが開聞岳から去るときに涙を拭いていらっしゃいました。

同行トラベルヘルパー宇田川さんからのメールです。
*******************************************************************
要介護3の父を知覧の平和会館に連れて行きたい、と、娘様から相談メールをいただいたのは、3月13日。
以下、メールの内容の抜粋です。
本人の希望は、
三角兵舎を見たい、
空から開聞岳を見たい、写真も取りたい、
長崎の平和公園に行きたい、平和記念像を見たい、
オランダ坂、グラバー邸も、
ちゃんぽんも食べたい、
本人を含め三人で行きたいけど、車いすの父の介助をどうしたらいいかわからない、
何をどのようにお願いしたらよいのかも分かりません。
父の希望を叶えてあげたいと思います。
との内容でした。
そして、ご家族とあ・える倶楽部で「お父様の願いを叶えるチーム」結成し、2ヶ月。
開聞岳はセスナ機から見ることにしました。
そしてこの2ヶ月の間で、お父様と娘様と、今回のご旅行についてのいろんなやり取りがされました。
旅への期待と実現への想いが、ご本人にとっての日々の生活のはりあいになっていく様子が伝わってきました。
私たちスタッフも、一緒にワクワクドキドキ、旅への実現に胸がどんどん膨らんで来ました。
そんな想いの実現の準備と同時に、
飛行機でサンドイッチを食べたい、
旅に使う車いすはリクライニング?ブレーキがあったほうがいい?
持って行くパットはどんなものがいい?
持ち物リストは?
など、介護旅行にあたっての準備も着々と進んできました。
そんなやり取りを経て、トラベルヘルパーも決まり、昨日出発され、
本日、念願のセスナ機から開聞岳を見学されました。
ご自身愛用のカメラを胸に、ご自分の目で見た開聞岳を撮影されたことでしょう。
トラベルヘルパー宇田川さんの「実況メール」を見て、
本当に、このご旅行のお手伝いが出来てよかったと思いました。
お手伝いの機会をいただいたこと、心から感謝しています。

目的は温泉!『ご家族団らん 介護旅行』

温泉病院に入院してリハビリ中のお父様。
温泉病院なので、温泉入浴しているのですが、、、
機械浴なのでゆっくりと入れない、、、
近場の温泉にゆっくりとつかりたい。。。
と、娘さまから、ご相談いただきました。
目的は温泉です。
温泉の介助だったら、トラベルヘルパー佐々木さんです。
佐々木さんはトラベルヘルパーに温泉入浴介助や車いす介助の講師をしている
ベテラントラベルヘルパーです。
佐々木さんが、青梅「かんぽの宿」に同行させていただきました。

お父様には、一泊二日の間に、
夜と朝と2回、大浴場でゆっくりと温泉を楽しんでいただきました。
お風呂では、息子さまもお手伝い下さいました。
(ご協力ありがとうございました。)
Ysamaoume.jpg
釜の淵公園で。
ご両親と娘さま。
Ysamaoume2.jpg
相模湖で、5月の風と緑をゆっくりと楽しまれる。
Kさまご家族、とても仲の良い温かいご家族でした、と、トラベルヘルパー佐々木さん。
お父様、BBQしているグループを見て、
BBQをしたい、とおっしゃっていたそうですが、
大丈夫です!
トラベルヘルパーがついていれば、何とかなります!
今回のご旅行を一歩として、
どうぞ、『できる』と『ご家族との楽しい時間』をどんどん増やしていって下さい。

夢の又夢 遠い思い出

93歳のNさま。
トラベルヘルパーと日帰りの「お出かけ日和」を楽しんでいらっしゃる方です。
お出かけの合間に、時々オフィスにいらっしゃってくださいます。
先日もオフィスにいらっしゃって下さいました。
(元気なお顔を拝見するのも、わたし達スタッフの楽しみでもあります。)
そのときに見せて下さったメモ書き。


タイトルのアップ。

「夢の又夢 遠い思い出」
Nさまの思い出のご旅行や、思い出の場所のメモです。
Nさま、
遠い思い出の場所を、ひとつひとつ訪ねて、
「夢の又夢」、、、、
夢を叶えるよう、
トラベルヘルパーが、心を込めてお手伝いさせていただきます。

ふるさと仙台「大河原の千本桜」お花見介護旅行

あ・える倶楽部にお問い合わせいただく「トラベルヘルパー同行親孝行介護旅行」息子さん娘さんは、
本当に優しい様子が、相談や打ち合わせの時に、伝わってきます。
今回ののふるさと仙台への里帰り&法要のご旅行の相談を下さったM様も、本当におやさしい息子さん。
100422 052
外はいいわねぇ? 雪が見える・・・雪だわ
100422 012
「母さん、ほら桜だよ。見える?」と息子さん。
「見える、見える」
CIMG2630.jpg
ちょうど雨も止んで。 満開の桜の下で。
手冷たいね。カイロ入れたら温かいよ!と優しい息子さん。
100422 014
久しぶりのご対面です。
100422 050
CIMG2590.jpg
「もっとゆっくり食べてね。」と言うと満面の笑みで にこ?
(奥真ん中は、トラベルヘルパーの戸塚さん)
100422 060
アイス美味しい? もっと?。
100422 043
無事、念願の法要も終わりました。
同行したトラベルヘルパー戸塚さんの感想です。
今回のご旅行は息子様のお母様へ故郷の桜を是非見せてあげたいという
強いお気持ちから始まりました。
今回のご旅行に同行させていただき、Mさまを思いやる温かい親子関係、
親戚関係を肌で感じ感動の連続でした。
東北3大桜の大河原の千本桜は実にみごとで
車窓から、また車椅子から見あげながら、「ほら、見える、桜だよ。」
と声をかけられ微笑ましいご家族のご旅行でした。
夜、私が入浴をする間、寝ているお母様と一緒にお部屋にいていただきました。
私が部屋に戻るとベッドの横でずっとお母様を本当にやさしい表情で見つめていて、私も胸が熱くなりました。
ご親戚の訪問ということで、皆さんに気を使わせないように存在するよう心がけましたが、
息子さんのお姉さまのご家族が私を
「どこかであったことあるよね。昔から知っていた人のようだわ、親戚の顔なのね。」と言って
気さくに接してくれて緊張もほぐれました。
御礼に?!「南京玉すだれ」のショウタイムをしてきました。
94歳のMさまのお姉さんや88歳のご主人はじめ皆さん喜んでくださいました。
Mさまは朝から私のお稽古を見ていてずっと大うけです!!
数年前に亡くなられた娘様(妹さん)の納骨供養も行い、
お父様も「ひと段落しました」と話されご親戚と再会を楽しんでいらっしゃいました。
とても温かいご姉弟、ご親戚の中での介護旅行。
この2日間でお母様の話す言葉、表情などが変わってゆく様子を
みなさん実感されたのではないでしょうか。
Mさまは故郷の景色、ご親戚との面会、訪問、布袋様のからくり人形などご覧になっていて、
時々ふと発する言葉に「今わかたのかなぁ」「時々目の色が変わるね。」
「頭の中のコンピュ-タ-が時々つながるんだよね。」などと周りの方も嬉しそうでした。
確かに帰るときには私もはっきり聞き取れるくらい言葉がしっかりしてきました。
本当に「旅はリハビリ」です。
素晴らしい!!!
ご本人ももちろんですが、、
周りの方も「諦めていた親孝行の旅ができた」という喜びは大きいのではないでしょうか。
ご一緒させていただき
介護旅行の素晴らしさを私も改めて実感いたしました。
どうもありがとうございました。