親孝行「トラベルヘルパーとお出かけ日和」で箱根で温泉。

横浜にお住いのI様。

お母様とたまには外に連れ出して気分転換してほしい、とご相談いただきました。

箱根、芦ノ湖観光に、介護タクシーで日帰り温泉を楽しんでいただきました。

「車には強いのよ」と、お母さま。

優しく見守る息子様。

201108252.jpg
足柄パーキングエリアで。

「いろんなものが売っているのね。」

芦ノ湖では、

「ほら、大きな鯉がたくさんいる!」

「アヒル(ボーと)があんなにいるよ。」

「大きな船だねぇ。」(遊覧船を見て)

そして、ホテルでは、

ランチビュッフェをゆっくりと楽しんでいただいた後に、

温泉にも入っていただきました。

201108251.jpg

「あ~いいお湯だ~。」

「露天風呂なんてめったにはいれないよね。」

外にある露天風呂で、風を感じながら、温泉を楽しんでいただきました。

今回の介護タクシーのドライバー下平さんは、現在トラベルヘルパー養成講座受講中ということで、

お客様への声掛けや入浴介助補助を安心して依頼できました。

「少し富士山が見えたね~」

「ほら、青い空だよ~」

と、お母様。
トラベルヘルパー戸塚さんのスマイルレポート。

優しい息子様に見守られながら、久しぶりの外出だったようです。

「お兄ちゃんは??」と姿がみえないとすぐに聞いてくるお母様。

車の中では車椅子から座席に移動し、お二人で並んで、座っていただきました。

行きの車の中では打ち付ける雨を体験し、帰りは青空の中 深呼吸。

「長いトンネルだね、子どもたちがたくさんいるね」とずっと外の景色を楽しまれたようです。

日帰りでしたのであまり時間は取れませんでしたが、

お二人で過ごした時間はどうだったでしょうか。

お母様が美味しいという声に微笑む息子様・・・

優しい優しい一日をご一緒させていただきありがとうございました。

息子様の親孝行、

お母様の気分転換、

それぞれの二人の笑顔が素敵なご旅行でした。

20110906.jpg
I様と、トラベルヘルパー戸塚さん(左)と介護タクシードライバー下平さん。

夏の旅行を思いきっり楽しんで、想い出たくさん作っていただきました。

【夏の思い出作り】トラベルヘルパーと一緒に」で紹介させていただきましたが、

同じご旅行に参加されたお客様に、トラベルヘルパーの戸塚さん、長島さんも、ご一緒しました。
トラベルヘルパー戸塚さんのスマイルレポートです。

最後のバスガイドさんの挨拶、

そして「別れることはつらい~け~ど~」と歌う星影のワルツにハンカチで目を覆うE様。

隣でY様も顔が涙でいっぱい・・・。

110813173.jpg

本当に皆様が1年に3度行われる旅行を楽しみにされ今回も楽しい楽しい4日間を過ごせたのだと、

私も一緒に涙がこぼれました。

110813046.jpg

写真の中の満面の笑顔をみるとその時その時の弾んだ気持ちが伝わってきます。

私を含め4人グル-プで助け合い、仲良く終始行動でき寮の皆様の団結力も深まったようでした。

110813058.jpg

そして、今回あ・える倶楽部から他に2名のトラベルヘルパ-が参加していた事も、

本当に助けられ、3人皆様の希望を叶えるお手伝いが出来たのではないかと感じています。

110813061.jpg

E様もダジャレを連発されながら、笑顔いっぱいの旅行。

一緒に心から楽しませていただきました。

トラベルヘルパー長島さんのスマイルレポート。

骨折の治療とその後のリハビリのため8月9日まで入院されていました。

どうしてもこの旅行には参加したいとの強い希望を持たれてリハビリに励まれたそうです。

110813114.jpg

主治医、寮母さんからはくれぐれも転倒、尻もちには注意するようにとの注意があり、

ご本人も慎重に行動されていました。

110813118.jpg

旅行中何度も「参加できてよかった、友達にも会えたし」と話されています。

5月の旅行の時は食事にムラがありましたが、

今回はコメどころでの宿泊で食事もおいしく(特にご飯)すすみました。

110813123.jpg

主治医に運動だけでなく食事も大事だよと言われたこともあったようです。

バスでの移動中もよくお話をし、笑い、カラオケ会にも積極的に参加(瀬戸の花嫁を歌いました)

温泉にも朝、夕と入りました。

一年に三回の旅行を、思いきっり楽しんで、

楽しい想い出をたくさん作っていただきました。

【夏の思い出作り】トラベルヘルパーと一緒に。

夏の思い出作りにトラベルヘルパーと三泊四日の旅に行かれました。

一日目。 東京駅→ぐんまこどもの国→越後湯沢温泉

二日目。 ホテル→八海山ロープウェイ→深雪の里→津南ひまわり広場→ホテル

三日目。 ホテル→湯沢高原アルプの里→ホテル→湯沢フィッシングパーク→ホテル

四日目。 ホテル→奥清津発電所→原田農園→東京駅

トラベルヘルパーは、元吉さんです。

年3回実施される恒例の旅行行事。

普段、お会いできない所属団体の様々なグループのご友人との再会を楽しみにされています。

再会の地である東京駅からバス車内、観光地やホテルでは、

代わる代わるたくさんのご友人が懐かしみの言葉と笑顔とともにさりげない心遣いをされています。

「ありがとう、いい人だね~っ、好きだよ、やさしいね~っ」といったお言葉が心の奥底から湧き起こり、

満面の笑顔をとおして仲間に伝わると、知らず知らずお泊りの部屋には友情の輪が広がっていました。

と、スマイルレポートしてくれました。

そんなステキなお客様とトラベルヘルパー元吉さんのご旅行中の様子をご紹介させていただきます。

110813 006
バスの中一緒にお弁当中です。

110813 111
気持ち良い緑の中、さわやかな風を一緒に感じます。

110813 038
さあ、これからお夕食。

まわりの方に声がけて気持ちよくお手伝いをしてもらうのもトラベルヘルパーの大事なお仕事です。

110813 032
おいしいお食事にお客様、ピース。

110813067.jpg
一緒にご旅行しているお仲間を見つけると、

にこっと帽子をとって声掛けされます。

110813115.jpg
トラベルヘルパーと一緒にリフトにのって山頂へ。

リフトに乗ることをとても楽しみにされていらっしゃったO様、

実現でき、自慢されていらっしゃいました。

大好きなお風呂、

自然の中の散策、

楽しいお仲間との交流、

夏の思い出をトラベルヘルパーとたくさん作っていただきました。

富士山、河口湖、山中湖、トラベルヘルパーとバスと電車を乗り継いで介護旅行。

河口湖あたりで泊まって、富士山を見たい、とご依頼いただいたお客様の夏休み旅行のレポートです。

旅行当日、打ち合わせ後2度目の再会、トラベルヘルパーを笑顔でお迎え下さいました。

とても楽しみにしていたご旅行とのこと、少し緊張しているご様子でした。

新宿からバスに乗ります。

通勤で電車を利用されているとのこといつもとは違う経路で
「今日は込んでいないね」などとおしゃべりしながら、新宿駅に移動しました。

外は暑く高速バスの乗車時間まで地下のロッテリアで待ちました。

いざ、バスに乗り込んで出発です。

110815河口湖 002

バスの中では、天気が良いので今日富士山五合目まで登るお話しをしました。

お盆の渋滞で、河口湖に着いた時には、河口湖駅発の富士山五合目行きのバスは終了していました。

ということで、電車で富士山駅に移動することにしました。

110815河口湖 015

ちょっと遅くなりましたが昼食です。
ちょっと変わったラーメン丼を食べました。

110815河口湖 019
富士山たい焼きも食べました。

富士山5合目。
思ったより寒くはなく気持ちが良かったです。

110815河口湖 028

残念ながら富士山は雲の中、家内安全・健康長寿を願って勝男木くぐりをしました。

110815河口湖 029

お宿の湖月のお部屋から富士山が一望できましたが、残念ながら雲がかかっていました。

夕食にはとても満足されています。

110815河口湖 046
T様とトラベルヘルパー大岡さん。

お二人とも浴衣がお似合いです。

二日目です。

ご自分でバイキング好きなものを選んで食べておられます。

110815河口湖 067

河口湖までレトロバスに乗りました。

110815河口湖 077

レトロバスがお気に入りのご様子、車窓からの河口湖、西湖を楽しまれています。

青木が原樹海では。風穴の氷にビックリされています。

110815河口湖 083

樹海の中は風がとてもさわやかでした。

氷穴から出てくると眼鏡が真っ白に曇ります。

110815河口湖 094

温度差が良く分ります。

昼食を食べてからヘルメットを被り西湖コウモリ穴に入洞しました。

110815河口湖 139

残念ながらコウモリには出会うことは出来ませんでした。

次に、カチカチ山ロープウエイ観光です。

110815河口湖 151

ここで3はたくさんのお土産を買われました。

そして、レトロバスで、ホテルへ。

レトロバスは渋滞でダイヤが大幅に遅れていました。
レトロバスから富士山が見えました。

三日目です。

朝からお風呂に入りました。

110815河口湖 181

お風呂からも富士山が綺麗に見えていました。

富士山駅辺りから富士山は雲の中へまったく見えなくなりました。

山中湖では、カババスに乗車、カババスが山中湖に入水する時はドキドキでした。

110815河口湖 202

山中湖では富士山は姿を現しませんでした。

110815河口湖 213

昼食は富士山カレーを食べました。

110815革口湖 218
河口湖からも富士山は雲の中に見えなくなりました。
その後、また高速バスで新宿へ。
35分遅れで新宿に着きました。

110815河口湖 188

札幌・小樽へトラベルヘルパーと介護旅行。「いまや元気百倍です!」

今年は、北海道にご旅行されるお客様が例年よりも多いです。

T様ご家族も、二泊三日で北海道に行かれました。

行先は、札幌、小樽方面です。

20110704.jpg
出発前。トラベルヘルパー元吉さんと記念撮影。

飛行機がお嫌いということで少々緊張美味でいらっしゃいますか?

羊ケ丘展望台、

大倉山ジャンプ場、

小樽運河、

にしん御殿、

祝津展望台、

ニッカウヰスキー工場、

山中牧場、

20110704 (3)
馬やヤギ、うさぎなどの家畜や小動物への絵付けをとても楽しんでいらっしゃいました。

天狗山ロープウエイ、

白い恋人パーク、

札幌市内、

と、もりだくさんの観光を、トラベルヘルパーとゆっくりと、楽しまれました。

お泊りは、朝里川温泉。

温泉、富士サファリパーク、富士山、マクドナルドのハンバーガー、介護旅行で笑顔いっぱい!

いつもあ・える倶楽部をご利用いただいている健さま。
トラベルヘルパーとあさぎりに乗って沼津&伊豆長岡温泉へ。
バースデープレゼントは、「ギャルソンパブ」♪
などなど。
今回のご旅行も、大好きな「あさぎり」に乗って、伊豆に行かれました。
110721伊豆 020
健さま、今回もとても楽しみにしていらっしゃったそうです。
あさぎりに乗車、一番乗り!!
110721伊豆 017
大好きなコーヒーを飲みながら、窓の景色を楽しまれています。
110721伊豆 014
沼津駅に着いて、お昼は、健さまリクエストの「マクドナルド」でハンバーガーです。
110721伊豆 022
うれしそうな、健さま。
早目に宿入りして、ゆらゆらと温泉を楽しまれ、リラックスされました。
110721伊豆 070
このあと夕食には、
和牛ステーキに大大大満足の健さまでした。
110721伊豆 076
二日目も、朝から元気いっぱいの健さま、富士サファリパークへ。
110721伊豆026
ライオンに生肉を餌付けしたり、猛獣たちに圧倒されながらも、楽しそうな様子でした。
そして、富士山新5合目まで。
110721伊豆 053
とっても寒かったそうです。
次の日は、朝食前に、温泉に。
美しい緑の景色をみながら、足湯も。
110721伊豆 061
あしたか牛のすき焼き丼を召し上がり、
「おいしい~、おいしい~」を連発していらっしゃいました。
110721伊豆 076
帰りも「あさぎり」です。
110721伊豆 085
健さま、何を一生懸命見ているのでしょう??
健さま、無事に戻られました。

あ・える倶楽部と介護タクシー「アン車ほ輪」さんの夢の実現コラボで介護旅行。

介護タクシーのドライバーさんは、通院の送迎の時によく

「温泉行きたい」という声を聞くそうです。

介護タクシーのアン車ほ輪さんが、

そんなお客様の「温泉行きたいな~」の声を聞いて、弊社トラベルヘルパーをご紹介下さいました。

そして、「石和温泉、河口湖への介護旅行」が実現しました。。

旅のご相談、手配、トラベルヘルパーは、あ・える倶楽部、

旅の「足」役を、アン車ほ輪さんが、それぞれ担当させていただくという、

あ・える倶楽部と介護タクシー「アン車ほ輪」さんの

「夢の実現コラボ」です。

一日目はゆっくりと移動にあてました。

お宿は、石和温泉「糸柳」です。

110720石和温泉 015
H様ご夫妻と一緒に、
後ろ左がアン車ほ輪の松澤ドライバー。右座っているのがトラベルヘルパー宇田川さん。

貸切風呂での温泉に、

ご主人様はも奥様も湯船に入れたことをとても喜んで下さいました。

(松澤さんが協力してくれましたので安心されていらっしゃいました。)

また、お夕食時には、ご主人がビールを2杯召し上がられたことに、

「きっと温泉に入れて楽しみにしていた旅行に来られたから

嬉しくて美味しかったんだわ」

と、奥様がビックリされていました。

二日目は、まずは「響の里」で和太鼓を楽しまれました。

110720石和温泉 023

河口湖では遊覧船を楽しまれました。

110720石和温泉 031

霧雨が降っていたので、湖のまわりの景色しか見られませんでしたが、

「来て良かった」とお二人で喜ばれていらっしゃいました。

その後、古賀雅夫記念碑を見学したり「オルソンさんのいちご」cafeでティータイムしたり。

110720石和温泉 035

ご主人はなんどもコーヒーを「おいしい、おいしい」と言って召し上がっていらっしゃいました。

介護タクシードライバー松澤さんも車いす介助など協力的で大変助かりました。

最後は「猿回し劇場」で、しばし、お猿さんたちのパフォーマンスに笑って、

110720石和温泉 071

記念握手も。

無事戻られました。

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」感想&おまけ画像編

続けてご紹介させていただいている
「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」ステキな家族写真編

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」親孝行編

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」チャレンジ&スマイル編

最後にお嬢様とトラベルヘルパーの感想をご紹介させていただきます。

まずは、トラベルヘルパー宇田川さん。

今回ご一緒するのが2度目と言う事でお互い緊張せず、自然体での旅行が出来ました。

富良野ではいくつかのラベンダーを始めお花畑を見学し、

小樽ではあこがれの小樽運河を見学、オルゴールを購入、

皆でわいわい言いながらの「サンドグラス制作」、

札幌からスーパー北斗で函館に入り、

素晴らしい夜景を見て五稜郭タワーに上ったり、

3泊4日の盛り沢山の旅行が出来ました。

旅の途中ですでに次の旅行先が決定するなど私の方がパワーを頂きっぱなしの旅行になり、

夢や希望や目標を持っていると楽しい日々が送れる事を改めて教えて頂いた旅行が出来ました。

旅の途中では他の旅行者の方から「介護タクシー」などについての質問をされた時に

ご家族の方が私より先に「あ・える」のPRをして下さり、

私は名刺を渡すだけ…というような事もありました(*^_^*)

また、お嬢様からもメールをいただいてます。

函館では、見知らぬ方に、

姉が車椅子なので、お墓参りが、、と話しかけられ、

思わず、トラベルヘルパーさんが一緒だと心強いですよと

力説してしまい、宇田川さんが引いていたかも。

ラベンダー、

小樽運河、

ガラス体験、

オルゴール

函館夜景、等々素敵でした。

そして、温泉ざぶーん。

(お父様は)自分の撮影した、ラベンダーをプリントし、宇田川さんの分は、後でゆっくりと、

なんて言いながら、なんとなく、うれしそうでした。

トラベルヘルパー宇田川さん、そして、カメラマン宇田川さんありがとうございました。

最後に、ご家族と、トラベルヘルパー宇田川さんの打ち解けた旅の様子がわかる一枚。。。

函館牛乳へ行き撮ってる私が一番にんまりしている私を見て皆がきっと呆れて私をみています

マウス(ポインタ)を画像の上に持っていくとそのココロがわかりますよ。

牛乳大好き!な宇田川さん、この時お腹がいっぱいだったので、

ジョッキ2杯で我慢したとか。。。

I様、Y様ご夫妻、そして、トラベルヘルパー宇田川さんの

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」の様子、

元気が、

勇気が、

絆が、

しっかりと東北届いたことと思います!!

皆お揃い「がんばっぺし岩手」Tシャツ

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」チャレンジ&スマイル編

続けてご紹介させていただいている
「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」
「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」ステキな家族写真編
「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」親孝行編
今日は、お父様の「チャレンジ&スマイル編」をご紹介。
昨日の親孝行編でも紹介させていただいた立って景色をごらんいただいたことも、
小樽の街を一望出来る「毛無山展望台」でちょっと立ってみました。胸を手すりに預けて…
温泉に入られたことも、
親子水入らずで入浴
お父様チャレンジ&スマイルの一つですが、他にもたくさんされました。
トラベルヘルパー宇田川さんが、しっかりとカメラに収めてくださっています!
出発当日、羽田空港で。
行きの羽田で時間があったのでいろんな飛行機を見て楽しむ
飛び立つ飛行機を見ながら飛行機に詳しいお父様との会話が弾みます。
なぜお父様が飛行機に詳しいかは、コチラをご覧ください。
ぜるぶの丘。
購入した一眼で…
一眼レフで、自ら撮影です。
どこでもとても熱心に説明を聞いたり、
金森倉庫の鐘
読んだり、
110714 (2)
ご旅行前にご自分でも調べられたことを、
ひとつひとつ確認される。
雨だって、雨を楽しんで。
110714.jpg
そして、最後はお父様とっておきスマイル&ピース特集。
ズワイガニをうれしそうに。
焼きズワイガニを嬉しそうに召し上がりました
外だったので頭が熱くなるとの事で慣れた手つきで手ぬぐいを巻いていました。
110714 (3)
たくさんのオルゴールを前に、
観覧車や飛行機のまわるものに興味深くご覧になってました。
たくさんのオルゴールに囲まれて
五稜郭タワーで土方歳三さんとツーショット。
五稜郭タワーの上で土方歳三さんにご対面
たくさんのスマイル。
たくさんの好奇心。
たくさんのおしゃべり。
ご旅行が終わっても、お父様の旅の話題と興味は続きます。
旅っていいですね。

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」親孝行編

昨日のブログで紹介させていただいた

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」家族写真編

今日は、「親孝行編」をお届けさせていただきます。

昨日のブログでお嬢様とのメールのやり取りをご紹介させていただきましたが、

今回の旅行は、

お父様にとっては「チャレンジ旅行」、お嬢様にとっては「親孝行旅行」です。

お嬢様ご主人にとっては、「親孝行旅行」でもあり「妻孝行旅行」。

そんなご家族の心温まる画像のご紹介。

20110714.jpg

お嬢様はトイレもお風呂もお父様の介助を自分でもできるようになりたいと、

とても積極的に手伝って下さいました。

車いすを押す事だけでなく、ベットから車いすへの移譲もお嬢様がして下さいました。

トラベルヘルパーは、どうするかをお伝えして横で見守らせていただきました。

こういう親子の会話がある時は絶対入れない雰囲気があるんです。親子の自然な会話なんですけど…羨ましい

この写真の上にマウスをもっていくと

宇田川さんがつけてくれたこの画像のコメントが見られます。

ステキなコメントでしょう??

また、小樽の街を展望できる「毛無山展望台」での一コマ。

せっかくの展望台なのに、車いすから見える景色はこんな感じ
↓     ↓
車椅子のままだとこんな感じでしか見えません

日頃腕の力だけで立位を保持するリハビリをしていると聞いていたトラベルヘルパーの宇田川さん、

お嬢様ご夫婦の力を借りて、、、

立って景色を見ていただきました。

小樽の街を一望出来る「毛無山展望台」でちょっと立ってみました。胸を手すりに預けて…

「両下肢麻痺だって腕の力があれば立つことだって!!」と、トラベルヘルパーの宇田川さん。

20110704.jpg

すてきな親子の光景を後ろからパチリ。

北一硝子では、ご家族であーでもない、こーでもない、と楽しくコップを作成しました。

20110714 (4)

最後の仕上げは親子でコップを持ってお父様の名前の一字「昌」を入れて仕上げます。

文字を入れるのはお父様。

20110714 (3)

仕上がったコップを持った記念撮影の画像はコチラ。

CIMG3518.jpg

そして、最後に、

お嬢様の「親孝行の心意気」に脱帽した写真です。

親子で温泉。

親子水入らずで入浴

トラベルヘルパー宇田川さんと一緒に温泉介助。

トラベルヘルパーと同じように、貸切露天風呂でお父様の温泉の介助。

前回は「旅行に出る」というご希望で、「お風呂は自信がない」ということで、

足湯まででした。

でも前回「旅行に出る」という夢を叶え、

今回のご旅行では「温泉に入る」という夢を叶えられました。

それもお嬢様の介助で、

ざっぶーーーーーん、と入られました。

トラベルヘルパーの宇田川さんがどんな表情でこの写真を撮ったか、、、

私にはくっきりイメージできちゃいます。

前向きに人生を生きること、親孝行っていいなぁ、と感激をいただきました。

ありがとうございます。

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」家族写真編

さいたまにお住いのI様。

昨年
「仲間が別れを告げた開聞岳を空から見たい」
三泊四日 長崎・鹿児島の旅

に行かれたお客様。

感動と、そして「神様の粋なはからい」に驚いたあの介護旅行に行かれたお客様です。

先日ご旅行中にダイジェストレポートを書かせて頂きましたが、

「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」

今回はステキな家族写真をたっぷりご紹介させていただきます!!

まずは、「ファーム富田」で。

CIMG3398.jpg

お父様の今回の旅行で一番来たかったことろ。

ラベンダーは下から見ると良いんだね!!

北海道ならではの雄大で美しい景色を楽しまれていました。

富良野「風のガーデン」で。

「風のガーデン」内の花々に囲まれて

いろんな花々の中を散策中にとったファミリー写真。

風が気持ちよさそうな一枚です。

小樽運河から「北一硝子」へ。

CIMG3518.jpg

制作した「サンドグラス」を手に持ってトラベルヘルパー宇田川さんも一緒に。

そして最終日は函館。

五稜郭タワーで「土方歳三」さんと記念撮影。

CIMG3599.jpg

今回のご旅行は、I様、お嬢様ご夫妻、「東北応援」の想いを込めてご旅行されていらっしゃいます。

実は、震災後、今回のご旅行行くべきかどうかお嬢様は迷われていらっしゃいました。

お嬢様からのメールをご紹介させていただきます。

北海道旅行、近くなりました。
1月の「北海道旅行」宣言から、半年が、過ぎました。
来週の今頃は、小樽です。
月日の経つのは、早いです。
震災があり、旅行なんて、良いのかと、迷い。
でも今しかないのでは、と決め。
行ってきます。

今日父親の所に、行ってきました。
函館の夜景と昼間の写真があったので。
私が見たかったので、昼間も良いねと、いったけれど。
しばし考えたあと、一言やっぱり函館は夜景。
そうだよね。
今鬼怒川、浅草などの観光地が空いていると、昨日テレビ放送していました。
私もちょっと、複雑、父親のことを、考えると来年には延ばしたくないし。
状況は良くなっていないので、旅行していても、よいのかな?なんて。
去年の今頃は、父親を連れて、初めての車椅子&トラベルヘルパーさんとの旅行。
何となく不安。
何も出来ない自分。
終わってみれば、トラベルヘルパーさんが、一緒ならば
例え月の裏側だって、可能だ!この変わり様、そして、今回は・・・・・・・。
今回も宮下さん 宇田川さん 北海道でお世話になる介護タクシーさん、そして親子で
チャレンジ、成功すれば、日曜日であってもお出かけ日和。頑張ろう!
よろしくお願いします。

北海道で宇田川さんに一緒に着て欲しい、半そでTシャツがあります。
よろしく。

メールにあったおそろいのTシャツを着て「ハイランドふらの」で、ご家族で。

ファミリーで…

「がんばっぺし」の文字。

お父様、赤がとってもお似合いです。

トラベルヘルパー宇田川にはピンク色を用意して下さいました。

CIMG3420.jpg

お父様以外、後ろをむいて。
皆お揃い「がんばっぺし岩手」Tシャツ

最後はトラベルヘルパー宇田川とツーショット。
リクエストでご一緒に!

皆さんでポーズを考えながら、笑いながら撮影したそうです~

お嬢様ご夫妻のやさしい想い、お父様の勇気、

風にのって東北に飛んで行けーーーっ!

明日のブログでは「温泉ざぶーん極楽極楽!東北応援がんばっぺし介護旅行」
親孝行編を紹介させていただきます。

昨年の旅行の様子はコチラです
↓  ↓

「仲間が別れを告げた開聞岳を空からみてみたい」感動の介護旅行、無事戻りました。