いらっしゃませ~!!あ・える倶楽部でランチです。

いつも「おでかけ日和」をご利用いただいてるO様。

今日は、あ・える倶楽部に来てくださいました。

お昼を何にしようかしら、、、と、デパ地下であれこれ迷われるのも、O様の楽しみのひとつ。

今回は、マークシティーでパンをご購入。

あ・える倶楽部で、スタッフもご一緒させていただきました。

おしゃべりを楽しみながらのランチは、とっても楽しいです。

そして、、、O様、ひらめかれました!!

あ・える倶楽部の未婚女子と、O様の入所されているホームの未婚男子が、集団お見合いしたら、、、、と。

つまり、合コン。

ということで、あ・えるレディースの写真を撮って、ホームの男子に紹介して下さると。

20110930.jpg
O様と、未婚レディースたち。

(前列左のトラベルヘルパー宮澤さんは結婚されていらっしゃいます。)

(前列右の男子は、未婚男子に興味があるわけではありません、、、念のため。)

この写真がきっかけでロマンスに発展したら、、、

それはそれで楽しみです。

O様、そして、私の楽しみが増えました。

ところで、左後方でのぞいてるところ、、、撮られました(苦笑)。

中央アジア3カ国へ。一人旅15日間。チャレンジの旅。

都内在住の大学生U様。

中央アジアへ、お一人で旅をしてみたい、と。

カザフスタン
中央アジア諸国の中で一番大きな面積を持つカザフスタン。
古くはトルコ系騎馬民族が活躍し、モンゴル帝国の支配も受けた歴史を持ちます。
石油と天然ガスが豊富な国ですが、タラス、オトラル、トルケスタンなど、歴史的、宗教的な見所も多い国。

ウズベキスタン
中央アジア5カ国の中で一番観光に力を入れている国。
ソビエト時代には荒れ果てたままだったモスクや神学校は、当時の技術を持つ職人の手によって見事に蘇りました。
また、14世紀に中央アジア一帯の覇者となったチムールが出身した地でもあり、
チムールや彼の子孫が作った建築物が、今なお当時の栄華を物語っています。

キルギス
天山山脈とパミール高原に囲まれた高地にある国家。
7000m級の山々や「天山の真珠」イシククル湖など美しい自然に恵まれ、動植物の宝庫です。
中央アジアで唯一日本人はビザが不要の国で、中央アジア屈指の親日国家でもあります。
東西を貫くシルクロードの要衝の地にあり、玄奘三蔵も訪れた著名な遺跡もあります。

何度もご相談を重ね、チャレンジ一人旅15日間から帰って来られました。

uzubeki(1)

uzubeki (2)

uzubeki (3)

uzubeki (4)

uzubeki (5)

uzubeki (6)

uzubeki (7)

現地の大学生とも交流を深められ、とても有意義なご旅行だったと聞いています。

先日、旅のお話を聞かせていただいた宮下さん、

なんだか自分も行ったような気分になりましたよー、

ますますたくましい自信に満ちた表情でいらっしゃいました、と、楽しそうに言ってました。

U様の感想です。

失敗することは気にしないで、
みんな行ってください、
どこでも!

もしできたら、

今回の旅のお話を聞かせていただきたいなー、

写真一枚一枚説明してほしいなー、

とは、私の心のつぶやきです。。。

U様、次回チャレンジの旅は何処へ行かれるのか、楽しみな私たちスタッフです。

箱根二泊三日親孝行介護旅行。お義母様にゆっくりと箱根で過ごしてほしい。

都内から温泉、、、というと、やはり箱根でしょうか。

距離的にも疲れず行ける場所で、

安心して温泉を楽しんでいただけるお宿もあります。

今回のお客様も、箱根の温泉を二泊三日で楽しんでいただきました。

お義母さまとお嫁様お二人に、トラベルヘルパーの宇田川さんと磯田さんがご一緒しました。

息子様とお孫様は今回はお留守番です。

お嫁様の運転する車でイチロ箱根へ。

女性4人旅です。

20110906 (7)
ホテルロビーで記念撮影。

とってもすてきな写真が多くありますのでご紹介させていただきます。

20110906 (6)
ゆっくりとくつろられている様子が伝わってくる一枚です。

左がトラベルヘルパー磯田さん。

写したのはトラベルヘルパー宇田川さん。

カメラマンの宇田川さん、ちょっと角度を変えて、もう一枚。

20110906 (5)
ステキです。

反対側からもう一枚。

20110906 (3)
楽しいおしゃべりが聞こえてきそうです。

トラベルヘルパー宇田川さんは、トラベルヘルパーとしてはもちろん、

カメラマンとしても優秀なんです。

今回は、トラベルヘルパー磯田さんのトラベルヘルパーぶりもたくさん撮ってきてくれました。

お食事中のお客様とトラベルヘルパーの磯田さん。

20110906.jpg
お客様との楽しい会話もトラベルヘルパーにとっては大切です。

車いすから、介護タクシーに移乗します。

20110906 (4)
安心しておまかせいただくために、介助技術も大切です。

旅の醍醐味は「温泉」です。

20110906 (2)
旅先の温泉の状況をチェックして温泉をゆっくりと楽しんでいただきます。

お客様への何気ない気遣いも忘れません。

20110906 (8)

鹿児島から東京観光。武道館、パンダ、国立博物館、浅草、演芸ホール、靖国神社、泉岳寺トラベルヘルパーがご案内。

鹿児島県在住のM様。

奥様が、武道館で大正琴の発表会に参加されるついでに、

二泊三日で都内観光を楽しんでいただきました。

初日。

羽田空港でトラベルヘルパーがお出迎えして、地下鉄を乗り継いで、九段下へ。

20110915.jpg

武道館では、

奥様出演の「大正琴百年祭」をご見学。

20110915 (2)

奥様は毎週日曜日に大正琴のお稽古に行かれています。

20110915 (3)

武道館いっぱいに、大正琴の美しい音色が響きました。

奥様は、演奏を終えられるとほっとされていらっしゃました。

公共交通機関を乗り継いで、宿泊ホテルへ。

20110915 (10)

乗り換え時の駅員さんの対応の良さと東京の電車の多さに感心されていらっしゃいました。

初日は、今回ご旅行の一番の目的である「大正琴百年祭」を無事終えられ、

ホテル43階の高層階レストランで景色を見ながら、お食事を楽しんでいただきました。

二日目。

まずは、上野動物園へ。

20110915 (4)
「実物のパンダはやっぱりかわいい」と。

動物園見学後、隣接している国立美術館へ。

20110915 (5)
ちょうど開催されていた「空海美術展」を見学していただきました。

その後、浅草へ。

お昼に「もんじゃ焼き」を召し上がっていただく。
20110915 (6)

「以前テレビで浅草もんじゃ焼きを見て食べてみたかった。

鹿児島にはもんじゃ焼き店がないので、次回東京に来た時にもう一度食べたい。」

と、M様。

せっかくの浅草です、「浅草演芸ホール」。

20110915 (7)

桂米丸、桂平治の寄席を楽しまれる。

「笑点をテレビでよく見ている。

生で観たのは初めてで、東京ボーイズを見れてうれしかった。

桂平治がすごく面白かった。」

たくさん笑ったあとは、浅草散策です。

雷門から仲見世をそぞろに。

20110915 (8)

散策後、駅に向かう途中、スカイツリーが見えました。

20110915 (9)
「次回はあそこから景色を見たい。」

二日目の観光を終えて、「いろいろな場所に行けてうれしかった。」と、M様。

三日目。

最終日は介護タクシーをご利用いただきました。

20110915 (12)
「東京の介護タクシーは大きいね。」

JRや地下鉄利用時は少し緊張されたご様子でしたが、

介護タクシーご利用でリラックスした表情でいらっしゃいました。

靖国神社へ。

20110915 (11)
「よくニュースで出てくるところだね。」

その後、新宿都庁を車窓見学時に「ここが石原さんのいるところだね。」

その後、品川の泉岳寺に立ち寄りました。

20110915 (13)
「お友達が泉岳寺に行ったことがあると話を聞いていたので来てみたかった。」

羽田空港で、さっぱりとおそばを召し上がっていただき、

ゲートへ行かれる前に、トラベルヘルパー常木さんと記念撮影。

20110915 (14)

再会を約束して、鹿児島へ戻っていかれました。

20110915 (15)

今回は、社内スタッフ常木さんがトラベルヘルパーとしてご案内させていただきました。

広島原爆ドーム、平和記念公園へトラベルヘルパーと。

お客様のK様にとって、広島は1度は訪れたかった場所だそうです。

K様は、行程や現地の様子を調べたりすることにとても積極的で得意でいらっしゃいますので、

あ・える倶楽部では、トラベルヘルパーの同行の部分でお手伝いさせていただきました。

トラベルヘルパー青木さんが、ご一緒させていただきました。

待ち合わせは、京都駅。

新幹線のぞみで広島へ。

広島駅
広島駅で。

その後、広島電鉄で移動です。

広島電鉄の車内

広島電鉄もとても楽しまれていらっしゃました。

平和記念公園を見学されました。

原爆ドーム
原爆ドームで。

原爆死没者慰霊碑
原爆死没者慰霊碑の前で。

原爆の子の像(鐘を持つ)
原爆の子の像で。鐘をもって。

祈りの泉
祈りの泉で。

原爆の子の像
原爆の子の像。

平和記念公園内の国立広島原爆死没者追悼平和祈念館と平和記念資料会館では、

ほぼすべての展示物の解説と資料を熱心に読まれていらっしゃいました。

原爆ドーム(二人)
今回ご一緒したトラベルヘルパーの青木さんと記念撮影。

トラベルヘルパー青木さんのスマイルレポートです。

お話し好きの楽しい方でした。

ご旅行二日目も朝いきなり「さあー、今日もどんなおもしろい話しよっかなー。」と言われたのが大ウケでした。

K様は、ご自身のホームページいつまでも、地域で暮らしたい!!で今回のご旅行の様子をアップされています。
旅行記 広島へ
K様の旅のコメントがすばらしいです。
是非ご覧ください。
K様、トラベルヘルパーの記事をホームページにアップして下さいまして、
ありがとうございました。

別々にお住いのお母様と息子様。久しぶりの再会にトラベルヘルパーがご一緒しました。

別々にお住いのお母様と息子様。

お母様がお住いのグループホームへ、久しぶりに息子様が訪問されました。

息子様には大岡さん、お母様には戸塚さんが、
トラベルヘルパートラベルヘルパーとしてご一緒させていただきました。
トラベルヘルパー戸塚さんのスマイルレポートです。

朝から久しぶりに会う息子様の事を楽しみに、
施設のインタ-ホ-ンが鳴るたびに「来たかしら??」と玄関を覗き込み落ち着かないご様子。

110914 (4)

「来たらすぐわかるんですよ。あの子も楽しみにしているはずだから、」と、お話して到着を待っていました。

優しい笑顔で息子様を見守るお母様。

110914 (2)

近くのレストランでランチ。

110914.jpg

柔らかくて美味しいわね~「ほら、あげるわよ」と息子様のお皿にお肉を一切れ!!

息子様の旅行の写真をご覧になり、
トラベルヘルパーとあさぎりに乗って沼津&伊豆長岡温泉へ。

110914 (5)

「健は本当に幸せ。どこにでも行けるね。連れて行ってもらえて、なんでもできるね。」

会いたいけれどまた、別れがつらいから会いたくない」といつもお話されているらしく、
愛情深い眼差しからその胸のうちが伝わってきます。

110914 (3)

「私はここにいるからね、ずっとココにいるからね。」お部屋で甘える息子様。

また、このような時間を近いうちに持てること願っています。

トラベルヘルパーは、ご旅行にご一緒するだけでなく、

このように、外出のお手伝いもさせていただいております。

熱海へトラベルヘルパーと三泊四日の男二人旅。生中継。

お客様が、トラベルヘルパー児玉さんと、熱海へ三泊四日の旅に出かけられました。
トラベルヘルパー児玉さんが、その都度メールでお元気なお客様の様子を送ってくれましたので、
ご紹介です。

【1日目】
E様 元気に東京を出発され 熱海に向かっています
新幹線の中で 昼食や午後の観光について話をされています
esama1.jpg
E様の ご希望で 伊豆山神社から かんぼの宿に直行しました
宿で ゆっくりくつろぐ予定です
esama2.jpg
熱海で 温泉に入り
夕食で 満腹になり
そろそろ 床に入ると話されています
明日は 木工館に行く予定です
満月が綺麗です
esama3.jpg
【2日目】
おはようございす
E様 ぐっすり休まれ 早朝の朝日を ゆっくり眺めていました
今日の木工館を 楽しみにしておられます
esama4.jpg
昼食後 木工館に 行きました
神社仏閣の模型 大工工具が 沢山 陳列されていて E様 とても 喜ばれていました
多賀で 歩いたので 早めに宿にもどります
esama5.jpg
【3日目】
今日は タクシー ケーブルカーで 十国峠にきています
富士山の雲が動くのを待っています
E様 長旅で少し疲れがあるようですが お元気に移動されてます
esama7.jpg
今日は 歩かないコースにして しかし移動距離は長く
ついに 箱根の関所を通過しました
E様 昼食はカレーを召し上がりますesama8.jpg
以上、トラベルヘルパー児玉さんの熱海二泊三日のつぶやきメールでした。
E様、本日、無事にご帰宅されています。
トラベルヘルパー児玉さん、
E様のご旅行の様子をつぶやいてくれてありがとうございました。
児玉さん「この写真をあ・える倶楽部に送りますよ」
E様「いいよ」
なんておしゃべりする声が聞こえてきそうです。

グループ介護旅行でアクアワールド大洗水族館へ日帰り旅行

都内のデイサービスのお客様が日帰り旅行に行かれました。

行先は「アクアワールド大洗水族館」です。

車いすをご利用されている方が10名いらっしゃいますので、バスはリフトバスです。

110913_081408.jpg

アクアワールドでは、イルカショーに歓声と拍手で楽しんでいただき、

帰りは、大洗リゾートアウトレットに立ち寄って、見学&お買いもの。

午後の4時半には、デイサービスに到着です。

大型バスで、日帰り旅行を、大いに楽しんでいただきました。

車いすだって海水浴出来るんです!海でプカプカ気持ちいいんです!

まずは、この一枚をご覧ください!!

110811沖縄 002

沖縄の青い空の下、海水浴を楽しまれるY様。

笑顔満面でいらっしゃいます!!

一緒に写っている息子様も安心されたまなざし。

Y様が海水浴を楽しまれる様子を時系列で、ご紹介します。

毎年ご家族で夏休みを過ごされるY様。

一年に一度のご家族旅行を楽しみにされていらっしゃいます。

今年は、海水浴にチャレンジしました。

さあ、水着に着替えて、海水浴に出発ですっ!

110811沖縄 014

次は、砂地でもラクラク移動&水にも浮く車いすに移乗します。

110811沖縄 013

この車いすだったら砂浜だってスーイスイです。

110811沖縄
(トラベルヘルパーは宇田川さん)

さぁ、いよいよ海へ!!

110811沖縄 030

気持ちいい~とY様。

110811沖縄 001

息子様お二人とおしゃべりも弾みます。

110811沖縄 006

空。

海。

風。

香り。

そして、親子の語らい。

ゆっくりと、楽しんでいただきました。

そして、帰りはちょっとした上り坂だったため、息子様にもお手伝いをお願いしました。

110811沖縄 007

Y様のこの笑顔を、

リラックスした様子をご覧になって、

車いすの方でも、

ご高齢の方でも、

海水浴をあきらめなくてもいいのね、と、自信を持たれた方が、

きっとたくさんいらっしゃると思います。

 

私たち、あ・える倶楽部トラベルヘルパーは、

お客様の、したい!やりた!というご希望の実現のお手伝いをしております!!

夢の実現を躊躇している方、

お父様、お母様の親孝行を考えている方、

どんなことでも、結構です。

まずは、私たちにお問合せ下さい!!

過ぎゆく夏を花火で。介護旅行で熱海の花火大会へ。

夏といえば、花火ですよね。
昔から熱海の花火は有名です。
さいたまにお住いのI様は、熱海の花火大会に合わせて温泉旅行に行かれました。
息子様ご夫妻とお母様というご家族に、トラベルヘルパー坂本さんがご一緒しました。
移動は最寄駅からJRを利用して、新幹線で熱海に行かれました。
熱海で宿泊したホテルのお部屋の窓一面には海の広がる景色。
20110818 (3)
お母様、とても気に入って下さったご様子です。
お風呂からも、海が見え、
温泉につかっていただきながら、美しい海の眺めをご覧いただきながら、
トラベルヘルパーの坂本さんが、足をマッサージしてさしあげたら、
「海を見ながらマッサージしてもらったら、殿様みたいだね。」と息子様。
「あら、殿様じゃなくてお姫様でしょ。」と、お母様。
ほほえましいお二人の会話に、トラベルヘルパー坂本さんも、にっこりです。
また、お夕食のお料理も、
海の幸がやわらかめに調理されて、
見た目も美しくおいしいと、とても喜んで下さいました。
20110818 (2)
そして、いよいよ花火大会です。
花火大会の会場手前の熱海親水公園に移動して見学です。
20110818 (4)
今まで熱海の花火大会は何度も見たけれど、
こんな近くで最初から最後まで見たのは初めて、すばらしい花火だね。
と、とても喜んで下さいました。
20110818.jpg
ホテルのロビーで、ご家族皆様とトラベルヘルパー坂本さん(右)で記念撮影。

トラベルヘルパーと草津音楽の森コンサートホールでドボルザークを聴いて今年の夏を締めくくりました。

お客様の目的は、草津音楽の森コンサートホールで大好きなクラッシック演奏を鑑賞すること。

介護タクシーで、トラベルヘルパーと一緒に、

草津音楽の森コンサートホールの演奏会にいかれました。

1108180004.jpg
会場入り口で、お客様N様とトラベルヘルパーの廣中さん

パノハ弦楽四重奏団による、

ドボルザークやバッハの作品を、

目を閉じて…お聴きになる。

時には、

調子を合わせて…拍手をされる。

演奏会後も、大好きな音楽のお話が途切れることなく続いていらっしゃいました。

また、会場で教師時代の教え子の方にお会いして、とてもうれしそうでいらっしゃました。

トラベルヘルパー廣中さんとは、たのしいおしゃべりも楽しいでいただいた様子です。

たとえば、、、

レストランにて

「男の人が赤ん坊を抱いている」とN様

「カッコウを抱いているんですか」とトラベルヘルパー廣中さんが聞きちがえたら

「馬鹿ね!カッコウを抱いている人なんかいないでしょう。カッコウは鳥よ。赤ん坊‼」とN様。

「でも西田様は変な鳥のお話もされたから・・」とトラベルヘルパー廣中さんが言ったところ、

「鳥の話はしたけど変な鳥の話はしていません」

そして、大笑い。

これよりトラベルヘルパー廣中さんはN様をN先生とお呼びすることにした

とか。

また、ある時は、

演奏者の中に頭に包帯巻いていた人がいたとN様・・・

あれは包帯ではなく金髪ですよとトラベルヘルパー廣中さん

N様大笑いでした。

N様、

「私の誕生日に教え子たちが集まるのですが

私の話等聴きもしないで旅行の話、食べ物の話などにぎやかに騒いで終わるのよ。いつも。」