【目的】は気分転換。 【今回の旅行に期待すること】みそカツと鰻。ゆっくり尽くしのご旅行でした。

お客様のご旅行の目的は「気分転換」。
今回の旅行に期待すること「みそカツと鰻」。
おいしいものを食べて、
20130630 (6)
もちろん、楽しみにしていた味噌カツと鰻に舌鼓をうち、
20130630 (5)
きれいな景色を見て、
20130630 (1)
ゆっくりと気分で観光先を決めて、
20130630 (8)駿河城。
20130630 (3)浜松市楽器博物館ではチェンバロの演奏を楽しむ。
ホテルでは、好きなスポーツ(サッカーやゴルフ)をテレビで楽しんで、
とにかく、自分の気分のおもむくままに、
だれにも気兼ねしないで自分の時間をじっくり楽しむ。
20130630 (2) いい景色だね。
トラベルヘルパーは、お客様の影のようにお客様によりそって、
必要な時に必要なお手伝いをするだけ。

20130630 (4)
古矢トラベルヘルパーと。
ゆっくり移動。
ゆっくりお食事。
ゆっくりお風呂。
ゆっくり睡眠。
ゆっくり観光。
冷たいものでも飲んでゆっくりしようか。
とにかく、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりを、トラベルヘルパーと楽しんでいただけたご旅行でした。

「トラベルヘルパーサービスご利用の達人の方は、 バリアも天候の悪さも、楽しみに変えてしまいます。

今週、あ・える倶楽部には、トラベルヘルパーとの通算お出かけ、150回目!!というお客様がご訪問下さいました。

150回目の記念すべきお出かけ日和は、あ・える倶楽部へ!
2006年から、日帰りのお出かけだけのご利用で150回です。
ありがとうございます。
トラベルヘルパーサービスの達人でいらっしゃるこのお客様のために、
廣中トラベルヘルパーが今回選んだSPIまでの道のりは、
「東横線が地下5階になった事で不便になった事を味わって頂こうと一番不便なコース」。
”不便になった渋谷を体験しよう!”を、今日のお出かけのテーマにしましょう、というコースだそうです。
道すがら駅員さんに「不便だね」など会話すら楽しみながら、「不便を結構楽しまれたようでした」と廣中トラベルヘルパー。
また、もうお一人のトラベルヘルパーサービスの達人のお客様は、
10年ほど前からトラベルヘルパーをご利用下さり、
月に1回のお稽古にトラベルヘルパーと通われていますが、
「お出かけの時はいつもお天気が荒れるわ。外に出ようとすると雨が降る。」と、
雨の外出でも楽しそうに笑い話に変えてしまわれ、
「今日もお陰様で楽しくすごすことが出来ました。
ありがとう。
会社の方にもよろしくお伝えください。」
といつも丁寧なご挨拶を下さます。
雨に濡れずにお出かけできると、
「雨に降られなかったなんで、施設のかたにまた話のタネを作ってしまったわ。」とも。
「トラベルヘルパーサービスの達人」のお二人は、
バリアも天候の悪さも、楽しみに変えてしまいます。
人生を上手に楽しく生きる達人の方々に共通することは、
楽しくないと思われることでも楽しんでしまう「どうせなら楽しもう」と、いう方が多いということ。
人生のお手本にしたい先輩が、あ・える倶楽部にはたくさんいらっしゃいます。

150回目の記念すべきお出かけ日和は、あ・える倶楽部へ!

あ・える倶楽部の自称「宣伝部長」のO様、お出かけが150回になりました。

100回目のお出かけのご様お出かけ日和「100回!」

記念すべき150回目のお出かけ先に、あ・える倶楽部を選んで下さいました!

20130719200955a29

今回のトラベルヘルパーは、「最高のコンビ」とO様が絶大なる信頼を寄せる廣中さん。

O様、ありがとうございます!!!

ということで、スタッフも一緒にランチをいただきながら、

今までのお出かけの様子を写真や動画、いろんなエピソードで一緒に振り返りました。

201307192009561b0

廣中さんからは、

これからもたくさんお出かけの予定を書き込めるようにと、

元気の出る「赤いお出かけ手帳」をプレゼント。

そして、さっき撮ったばかりの写真を写真立てに入れて、

2013071920095978f

代表が「旅は最高のリハビリ」と記入して、

201307192010079b4

プレゼントさせていただきました。

そして、最近のお出かけの様子のアルバムもプレゼント。

20130719200957431

廣中トラベルヘルパーのスマイルレポートです。

お客様は今回でお出かけ日和150回目のご利用となります。

SPIの会社を訪問する事が今回の目的でした。

150回目を記念して、各年度ごとにまとめたお客様のお出かけの写真。

150回のお出かけの日付と場所の履歴、会社のスタッフとの記念写真等を頂いて嬉しそうでしたが、

「理事長がお出迎えしてくれ、最後まで、ずーっと私の話を聞いていて、

私の気持ちを分かってくれた事が一番嬉しかった。 今日は会社に行って良かった。楽しかった」

と帰り道、何度も話されていました。

201307192010009db

O様のとってもうれしそうな笑顔をちらっと見て、うれしそうな代表。

一回一回のお出かけが積み重なって150回です。

ご自宅へ帰りたい、というお出かけから始まったO様とのお付き合いです。

グルメ、

イベント、

観光、

お参り、

映画、

お友達に合いに、

通院のついでにランチ、

鑑賞、

お買いもの、

そして、

あ・える倶楽部にも何度も来てくださいました。

これからも、O様と一緒に一つ一つ思い出作りしていきたいです。

O様、よろしくお願いします!

北海道への介護旅行でお客様を真ん中に温かい交流が生まれました。

昨日紹介させていただいた
野鳥の声、平原、地平線、キタキツネ、温泉、、、北海道を満喫していただきました。
ご旅行後に、
ご主人様から
お世話になりました。2人とも元気でやっています。
ご支援を心から感謝しております。
皆様によろしくお伝え下さい。
というお手紙と一緒に、ご旅行中に作成した短歌を送って下さいました。
doc04004520130723145418_001.jpg
たくさんの短歌の中に、
トラベルヘルパーや介護タクシーのドライバーさんを詠ってくださっています。
doc04004420130723145345_001.jpg
ありがとうございます。
お客様が送って下さった短歌に、感激した弊社の小野先生が短歌でお返ししています。
doc04004320130723145308_001.jpg
ご一緒した坂本トラベルヘルパーからも書類と一緒に便箋書きが。
doc04004620130723145454_001.jpg
そして、今回、相談窓口、旅のコーディネートを担当した宮下さんには、
奥様が以前撮った鳥の写真をプレゼントして下さいました。
doc04004820130723145600_001.jpg
doc04004720130723145531_001.jpg
介護旅行やお出かけ日和は、
お客様を真ん中にして、
旅のコーディネータ、
トラベルヘルパー、
介護タクシーのドライバーさん、
旅行先で関わるみなさんで、
一緒に造り上げる手作りの作品です。
また、思い出深い作品を通して、こころに残る一期一会、温かい交流も生まれます。
皆様、ありがとうございます。

野鳥の声、平原、地平線、キタキツネ、温泉、、、北海道を満喫していただきました。

今回は、ご一緒した坂本トラベルヘルパーのスマイルレポートと、
坂本トラベルヘルパーが撮った写真でご旅行の様子をご紹介させていただきます。
初めての介護旅行ということで緊張されたご様子でしたが、
20130625 (1)
野鳥が大好きなお客様は女満別空港を出発すると
20130625 (2)
目が輝き始め車窓の新緑を楽しまれ
20130625 (3)
鳥の鳴き声に耳を傾け鳥の名前をいろいろ教えてくださいました。
20130625 (17)
水鳥湿地センターでは対岸に丹頂鶴のつがいが二羽の雛鳥を育てている様子を望遠鏡で見たり、
20130625 (5)
行く先々でキタキツネ、馬、野生のシカそして沢山の牧場の牛達に出会いました。
20130625 (11)
道東は本当に新緑が美しく広々としていて北海道に来たことを実感させてくれました。
20130625 (6)
特に地平線が見える大牧場の多和平は静かでいろいろな鳥の声が聞こえ喜んでくださいました。
20130625 (7)
そして出発前から強いご希望のあった「JRしれとこ」と、
20130625 (8)
釧路湿原の中を走る「ノロッコ号」に
20130625 (16)
乗っていただくことができて本当に良かったと思いました。
20130625 (10)
最後に奥様をやさしく介護されるご主人様と
20130625 (12)
「高い介護旅行なのに主人が出してくれたの」と感謝される奥様
20130625 (13)
すてきなご夫婦とご一緒させていただきありがとございました。

浅草、民謡酒場へ。いつの間にか「S様リサイタルショー」に!

大好きな民謡を聞きに、口ずさみに、民謡酒場へ。
昨年12月
トラベルヘルパーと民謡酒場へ。96歳お客様は拍手喝采。「そこにそこにおられるだけで素晴らしいことなんだ」
今年の3月
96歳お客様民謡酒場へ。三味線のリズムをとって大きな口を開けて斎太郎節を歌われる。
そして、今回は3度目。
民謡酒場では、
大好きなビールで乾杯!!して、
「黒田節」「斉太郎節」などを口ずさまれ、
また、舞台司会者や民謡歌手からも、S様をご紹介いただき、
会場は大きな拍手が沸き起こり、民謡酒場を一瞬にして一体化してしまったそうです。
民謡酒場でのご様子は、ご一緒した遠坂トラベルヘルパーのスマイルメモをお読み下さい。
S様にお会いするのは2回目。
またまた素敵な笑顔で迎え入れてくださり、緊張気味の私の気持ちをほぐしてくださいました。
早速、お化粧をし準備万端、いざ民謡酒場「追分」へ。
開演前からお好きな曲を口ずさまれたりと好発進。
ライブが始まるとステージの歌にあわせて歌われました!
また、三橋美智也とのデュエット曲「お花ちゃん」で有名な民謡歌手 斉藤京子さんからス
テージよりご紹介の言葉がかけられ、会場から大きな拍手!!
とてもとても盛り上がった浅草の夜でした。
追分の余韻も冷めやらぬ、その晩は、遅くまで起きてらっしゃったとのことでした。

すごい存在感でいらっしゃます。
また、今回もすてきなS様語録の連続に、、、ご一緒したトラベルヘルパーは大いに勉強になったそうです。
201306minyosakaba (1)
ホテルのお部屋で、窓際に座られて、
眼下に広がる浅草の街並みを眺めながら、
若い頃のお話しをたくさん語って下さいました。
「ここはね、私の庭みたいなところなのよ。」
と、さまざまな場所を指差しながら、昔のことをお話しして下さいました。
常に浅草寺の観音様の存在があり、家族や近所、地域が守られていたこと、
それに感謝して生きていること、
浅草という街は、S様にとってたくさんの想い出の詰まった宝箱なんだ、と、
遠坂トラベルヘルパー。
201306minyosakaba (3)
また、ホテルに宿泊している外国人の方にも、
「コトバがわからなくても、こちらから目で話しかければちゃんと通じるのよ。」
と、おっしゃったり、
テレビのコンフェデ杯サッカー観戦をされたり、、
国際的な視野も持たれているのです、と、遠坂トラベルヘルパー。
201306minyosakaba (2)

トラベルヘルパーと「リ・ハ・旅」で別府温泉へ。「自分で起きられるような気がする。ここにきた甲斐があった。」

三泊四日の別府温泉への旅です。
笑顔で「わぁ!」と再会を喜んで、お洋服を選んで、
お住まいの玄関から介護タクシーで出発です。
20130617別府 (1)
ご自宅からご自宅までの介護タクシーの旅はとっても楽ちん安心旅行。
タクシードライバーさん二人が大分のことを道中案内くださり、
会話がとても弾みました。
別府温泉ではホテルで、
「気持ちよかねーーー。」と、まずはゆっくりと温泉に浸っていただきました。
そして、お夕食の後には「水と光と噴水のショー」を見ながら、プールサイドを散策です。
20130617別府 (2)
「わぁーっ!」と、感嘆の声を上げていらっしゃいました。
別府温泉二日目には、海水浴場で波の音を聞き、潮風を感じていただきました。
20130617別府 (3)
介護タクシーのドライバー藤沢さんは丁寧にトラベルヘルパーの介助を手伝って下さいました。
(ありがとうございます)
S様は小さい頃お相撲の大ファンだったそうです。
S様が小学生の時に6年間負けなしだった大横綱の双葉山の記念館「双葉の里」へ。
20130617別府 (5)
行事は宮澤トラベルヘルパー。
20130617別府 (4)
実際に愛用していた着物などの展示物やエピソードを聞きながら、
当時を思い出してkただきました、
その後、筑豊高田の「昭和の町」へ。
20130617別府 (6)
昭和の街並みを歩きながら、ご主人との馴れ初めをお話しして下さいました。
二日目もゆっくりとよゆうをもって観光していただき、お風呂でゆっくりと疲れをいやしながら、
双葉山の話で盛り上がりました。
3日目もゆっくり観光で、海地獄へ。
20130617別府 (7)
硫黄の匂いと湯けむりに「わぁーっ!」と歓声を挙げていらしゃいました。
そして、一日の終わりは温泉です。
3日間の旅の疲れをゆっくりとじっくりと温泉で癒していただきました。
4日目は湯布院で「昼風呂」を楽しんでいただき、温泉三昧のゆったり別府観光を無事終えました。

90歳【卒寿】のお祝いを、母息子でランデブー。

最愛のお母様の卒寿のお祝いを、一泊二日でお出かけです。
お母様には、あ・える倶楽部スタッフの堀場トラベルヘルパーが、
健様(ご子息)には、大岡トラベルヘルパーが、
それぞれの施設にお迎えにあがりました。
お二人とも、この日を楽しみにされていて、
それぞれの場所で笑顔でトラベルヘルパーをお迎えしてくださいました。
そして、待ち合わせの場所で、満面の笑顔でご対面。
20130625 (1)
そして、浅草散策です。
20130625 (2)
仲見世通りをぶらぶらと。
20130625 (3)
「こういうところでは食べ歩きが楽しいわね。」と、
お母様、人形焼をとても喜んで召し上がっていらっしゃいました。
さあ、お清めして、お参りです。
20130625 (4)
本殿では、卒寿を元気に迎えたことのお礼と、健様の健康に、手を合わせていらっしゃいました。
今日の宿泊は浅草ビューホテルです。
20130625 (5)
お母様、健様、大岡トラベルヘルパーと堀場さんで、ロビーで記念撮影です。
20130625 (6)
スカイレストランからの眺めに、高いわね~、きれいね~、と。
お夕食時、お母様の卒寿をケーキでお祝いです。
20130625 (7)
お母様、「まぁ、うれしいっ!!」
健様が楽しみにされていたステーキのディナーと、卒寿のお祝いを、
お二人で心ゆくまで楽しんでいただきました。
20130625 (8)
お母様の今日のイベントはここでおしまいで、あとは、お風呂に入って、おやすみなさーいですが、、、
健様は大岡トラベルヘルパーと一緒に、浅草界隈に夜遊びに出かけられました。
さて、二日目はスカイツリーへ。
20130625 (10)
じーっと、眼下の東京の街並みを見つめる健様。
20130625 (13)
高いわねーと、お母様も感嘆の声を上げていらっしゃいました。
20130625 (12)
大岡トラベルヘルパーは、ダブルピース。
2日間のお出かけを無事終了して、健様のホームへ。
20130625 (11)
お母様が手にしているのは、健様からのバースデープレゼントのお花です。
お二人で、ステキな卒寿のお祝いお出かけを楽しんでいただきました。

道後温泉、四万十川舟下り、親子旅行。旅の始まりは2年前のふるさと墓参り。

始まりは、2011年11月のお墓参りでした。

親戚の方と涙の再会。親孝行。お墓参り。故郷鹿児島へ二泊三日感動の旅。

2度目の介護旅行は北海道へ。とってもステキな笑顔に私たちもほほえみ返し!

かわいいお孫ちゃんの存在はまさしくリハビリ!あこがれのお伊勢参りに。

親子で新名所スカイツリーと懐かしい思い出の浅草に一緒にお出かけ。
どんどん元気に、どんどんいきいきと、どんどんハツラツになっていくのがわかります。
今回は、お父様たってのご希望で四国です。
7日羽田でよろしく!の握手!!
羽田空港で「よろしく!」と宇田川トラベルヘルパーと握手。
松山空港を出発です!
松山から出発ピースV
一日目は道後温泉散策して、
道後温泉
お遍路第51番寺「石手寺」へ。
51番石手寺
宿に帰って、初日の疲れをお風呂でさっぱり流していただきました。
お風呂に入ってサッパリ!!
サッパリ!ピース。
さて、二日目は、四万十川の舟下りです。
途中、道の駅「みま」で、アイスクリームをガブリッ!
アイスクリン
ダイナミック。
いよいよ今回の旅のメインイベント、四万十川の屋形船「さこや」です。
介護タクシーから降りて船着場へ。
伊東さんと船頭さんが手伝って下さいました
今回は介護タクシードライバーさん、ご家族、、、と、男手がたくさんですので、
宇田川トラベルヘルパーは、お父様が安心して船乗り場に行けるように指示を出しました。
ここを渡って船へ
ここを渡って船まで。
赤いマットに90°曲がります
さあ、いよいよ船に乗り込みます。
川下り中
四万十川の川下りを楽しんでいただきました。
沈下橋
その後、下船してからは、沈下橋を散策です。
途中、さっき乗っていた屋形船が橋の下をゆっくりと通過します。
沈下橋の上で「あの船にのったんですよ!お父さん」
「あの船にのったんですよ!」とご家族。
そして、沈下橋をバックに記念撮影しました。
皆で渡った沈下橋で…
二日目も無事観光を楽しんでいただきました。
三日目は、あこがれの龍馬生誕の地高知を観光です。
高知城を臨むお父様。
S様から見た高知城
桂浜へ。
浜に降りて散歩
龍馬はここから太平洋を臨み、新しい日本の未来と世界に気持ちを馳せました。
坂本竜馬像
小雨の中、龍馬像を見上げるお父様。
竜馬像を見上げて説明されてます
龍馬像の他、長宗我部元親の像や坂本龍馬記念館などを見学され、
高知龍馬空港へ。
車内でMさまとふざけてます
社内では、ご家族とふざけて大笑いするお父様。

久しぶりの旅行でうれしそう!

トラベルヘルパーと一緒にご旅行や外出を始められて2年が経過します。
外出するということで、
お父様ご自身、ご家族の気持ちを大きく変えたということ、
その先のご旅行の楽しみを持つことで日常がかわったということ、
そして、
U様から、たくさんの方が元気と勇気おすそ分けしていただいているということ、
まさしく、あ・える倶楽部の4K(感動、感激、感謝、奇跡)を、実践して下さっています。
ありがとうございます!

トラベルヘルパーとの楽しい安心な外出はリハビリを兼ねています。国立劇場へ。

今回はトラベルヘルパーと幼馴染のご友人の踊りの会に国立劇場にお出かけされました。
とってもおしゃれでいらっしゃるS様。
20130703bu (9)
時計やアクセサリーを楽しく選びながら、
お出かけの準備もトラベルヘルパーがお手伝いします。
20130703bu (1)
しばらく行けなかった踊りの会に行くことができて良かったと喜ばれていらっしゃいました。
リハビリをとてもがんばっていらっしゃるS様。
トラベルヘルパーとの楽しい安心な外出はリハビリを兼ねています。
ご一緒させていただいた坂本トラベルヘルパーは、
国立劇場には小劇場と大劇場があるのですが、
今回の小劇場の方には車いす用(手すり付き)のトイレがなく
必要な場合は案内していただき大劇場のトイレまで行かなければいけません。
しかしチャレンジャーのS様「ここでいいわ」と
一般の女性用トイレに私と2人で入りちょっと狭かったですが何とかクリアーできました。
S様できることがどんどん広がっていきます。
何だか私まで嬉しくなってきました。
困ったことがあった時こそチャンスなのかなと思った場面でした。

踊りの観劇ということと昔からのご友人にお会いするかもしれないということで
髪型やお洋服にも気を配られお洒落をしてお出かけしました。
そして今までと違うのは、
今回は車いすを使用せず杖を使って歩いてのお出かけにチャレンジされました。
普段からリハビリに頑張っていらっしゃるS様です。
この日も何の問題もなくご自分の足で劇場内も移動され無事に帰宅されました。
残念ながらご友人方にお会いすることはできませんでしたが、
このお出かけはS様の自信につながったのではないかと思います。

私たちは、リハビリを一生懸命している方を応援しています!

トラベルヘルパーとタイムマシーンであの頃にワープ!同窓会。

目黒のご自宅から新宿へ、同窓会に行かれました。
20130703bu (7)
色々な同窓会に出席される事を楽しみにされているご様子です。
20130703bu (8)
先にお集まりのご友人たちと再会を喜びながら忙しくご挨拶。
20130703bu (6)
未だ見えていないご友人の為にお席を確保されたり、とっても生き生きとご歓談されていらっしゃいました。