ひ孫ちゃんの初節句のお祝いとスカイツリー観光で長野から東京へ。

今回のお出かけは長野から東京にひ孫ちゃんの初節句のお祝いです。

 

長野新幹線で上野へ。

お孫様宅でひ孫ちゃんにお正月以来の再会です。

 

会えたうれしさいっぱいで一生懸命にあやされていました。

お昼はお祝いのお食事をお孫様ご夫妻でふるまってくれました。

とてもうれしそうにしっかり召し上がりました。

 

その後、スカイツリー観光へ。

CIMG1871

興味深げにタッチパネルに触れたり、ガラス床をのぞいていました。

CIMG1874

CIMG1870

CIMG1884

 

その後、アメ横散策、恩賜公園散策も。

 

久々の外出でしたが、お元気に無事戻られました。

 

ご家族が外出時の介護の事は分からないからと、トラベルヘルパーにすべて任せて下さりました。

 

 

おかえりなさい!「飛鳥Ⅱ南極・南米ワールドクルーズ2015-2016」無事帰国しました

昨年12月10日に出航した「飛鳥Ⅱ南極・南米ワールドクルーズ2015-2016」。
100日のクルーズの旅を終えて横浜港にもどってまいりました。
出航時の様子 http://www.odekake-travelhelper.jp/archives/234013

前半の様子 http://www.odekake-travelhelper.jp/archives/234498

堀場コーディネイターと前半ご一緒した小林トラベルヘルパーが出迎えに行きました。

IMG_4114 IMG_4113

 

IMG_4111

 

2か月ぶりにお客様と再会した小林トラベルヘルパー。

IMG_4116 IMG_4115

お二人の無事のお帰りと再会がうれしそうです。

 

無事のご帰国、なによりです。

今回は南極と南米をクルーズで100日かけて巡ってきました。

また改めてクルーズの様子はご紹介させていただきますので、お楽しみに!

 

JTBムック『車で気軽にバリアフリー旅』でお客様とトラベルヘルパーが掲載されました

3月22日発売のJTBムック『車で気軽にバリアフリー旅 関東版』にて、お客様とトラベルヘルパーが紹介されました。

鎌倉と伊豆稲取温泉への2大ルポのコーナーで、それぞれ十数ページにわたり掲載されています。

鎌倉への“日帰りルポ”では、NHK BSのドキュメンタリーにも出演した95歳の井下様と甥の亀山様のコンビが、トラベルヘルパーのサポートも得つつ、久しぶりの鎌倉を満喫。その姿が12ページに渡り紹介されています。
※『トラベルヘルパーマガジン』でのレポートは、コチラをご覧ください。

伊豆稲取温泉への“泊りがけルポ”では、中山様と高橋様の母娘が、伊豆の食を満喫しつつ各所を巡る姿が14ページに渡って描かれています(なお、誌面にトラベルヘルパーの情報は掲載されていませんが、実際のご旅行では同行いたしました)。
※『トラベルヘルパーマガジン』でのレポートは、コチラをご覧ください。

このほか、あ・える倶楽部代表・篠塚恭一の記事なども掲載されています。

関東地方の今春の行楽ガイドとしてオススメです。

ぜひご覧ください。

1
2

 

3

 

4

明るめの春らしいお洋服を選びお化粧してお洒落して、いざ鎌倉へドライブ。

明るめの春らしいお洋服を一緒に選び、お化粧して、お洒落をして、いざ鎌倉へ出発。
車内では、リフトアップシートの助手席からの景色を楽しまれました。

IMG_4238

建長寺では、龍王殿入口には5段ほどの階段がありましたが、「せっかくだから入ってみたい」とのご希望。

周りの方に手伝ってもらい、車いすのまま庭園を散策しました。

IMG_4242

IMG_4250

 

海沿いをドライブです。

IMG_4263
昼食は網元直営の「しらすや」さん。

生シラスを「大好きよ♪」と美味しそうに召し上がられました。

 

鎌倉大仏 では、「鎌倉の大仏様はお顔がいい」 「やさしいお顔ね」 「鎌倉山はどっちの方角かしら?」 と。

IMG_4279

 

鎌倉には、昔、住んだことがあるそうで「ずいぶん変わったわね。」と、思い出話たくさんしてくれました。
「ありがとう」「お世話になりました」と ていねいにお礼をいって下さいました。

 

IMG_4269

稲取温泉へ母娘旅。金目鯛の煮つけの思い出。「介助してもらえて助かったし楽しめた」

以前お友達とご旅行に行かれたことのある稲取温泉へ。

その時の金目鯛の煮つけの思い出をまた味わう母娘のご旅行です。

伊豆マリンタウンにて
伊豆マリンタウンで。(右大塚トラベルヘルパー)

 

城崎海岸で。

城ヶ崎海岸2

「海岸も怖くないわ」と。

 

旅館でのお夕食時では、アワビ、伊勢海老、金目鯛!ごちそうね~と喜んでいらっしゃいました。

金目鯛の煮付け

オーシャンビューのお部屋からは眩い朝日と、波しぶきの音が聞こえてくる素晴らしい景色を楽しまれました。

THと海、東海ホテル湯苑にて
大塚トラベルヘルパーと。

 

伊豆高原で立ち寄ったレストランでは、野鳥やリスを近くで見られるように、窓辺に餌が置いてありお食事をしながら野鳥やリス、紅葉を楽しまれていました。スパイスのきいたカレーがお好きなようで「辛いけど美味しい」とビーフカレーを召し上がっていらっしゃいました。

窓から富士山が見えてくると夕日に向かって「まだ沈まないで、待っててね」と。

富士山

 

初めてのトラベルヘルパーとの旅で、「介助してもらえて助かったし、楽しめた」とおっしゃて下さいました。

3月18日(金)NHKBSドキュメンタリー番組であ・える倶楽部トラベルヘルパーと希望探しの旅が放送されます!

NHKBS1 3月18日(金) 午後9時00分~ 午後9時50分
本当にあった幸せ物語「夢は旅の果てに」
http://www4.nhk.or.jp/P3845/x/2016-03-18/11/24299/2005210/
プロディーサーとして先日「海街diary」で日本アカデミー最優秀監督賞を受賞した是枝裕和氏も参加しています。
語りは、女優の原田知世さん。

ぜひご覧ください!

今回のドキュメンタリーで協力いただいたご旅行は以下のお客様です。

重ちゃんの「なんと、ブラボー!!」な笑旅行
http://www.odekake-travelhelper.jp/archives/234696

新婚時代を過ごした舞鶴の思い出の場所をトラベルヘルパーと巡る旅
http://www.odekake-travelhelper.jp/archives/234668

お供えのお花を大事に抱えられご子息のお墓参りに行かれました
http://www.odekake-travelhelper.jp/archives/234742

 

以下番組HPの紹介文です。

介護技術と旅行業務の知識を兼ね備えた、トラベルヘルパー。トラベルヘルパーに同行してもらうことで、念願の旅を実現させた人たちがいる。東京都の95歳の女性は、かつて家族4人で暮らした京都府舞鶴を70年ぶりに訪ねる。よみがえる、心の奥底に眠っていた記憶。岩手県の71歳の男性は病気で体が不自由になり、一日の多くをベッドで過ごす。心を慰めてくれる、クラシック音楽。あこがれのホールで演奏を聴きたいと旅に出る。

 

DSC_1617

image (34)

image (5)

image (46)

お供えのお花を大事に抱えられご子息のお墓参りに行かれました

ご長男のお墓参りです。

トラベルヘルパーが少し大きめの声でご挨拶して名刺をお渡しすると、
笑顔で「三浦智江さん、宜しくね」と挨拶を返してくだいました。

お化粧をしてお墓参りに出発です。
DSC_1613

道中、車窓から見える外の景色を楽しまれていらっしゃいました。

目についた看板を片っ端から読み上げていらっしゃいます。
旅がお好きで海外旅行にも行かれていたそうで英語の看板もスラスラと読まれていました。

車の中でも、お供えのお花を大切に抱えていらっしゃいました。
DSC_1614

 

お墓の前では、昔のことを思い出されたようで、
手を合わせられるとどんどんと思い出されたようで涙される事もありました。

DSC_1618

 

また、お寺に飾ってあった雛人形に笑顔で眺めていらっしゃいました。
DSC_1624
お雛様のようなポーズで。

無事お墓参りを済ませ、お別れのご挨拶をすると、
手をあわせながら「ありがとうございます。」と挨拶してくださいました。

DSC_1630

 

重ちゃんの「なんと、ブラボー!!」な笑旅行

岩手から3日間の東京、箱根の観光旅行です。
旅の希望は、

・念願のサントリーホールでクラシック演奏を聴くこと
他のコンサートホールではなく、サントリーホール。サントリーホールは特別な場所
・ラーメンが好きなので、横浜のラーメン博物館に行きたい
・海が好きなので海が見たい
・箱根の温泉につかって心身リラックスさせたい
・ゆったりとしたい

 

 

芦ノ湖:桃源台では遊覧船に乗りました。

IMG_5239

箱根町港を散策。

IMG_4910

IMG_4813

焼きとうもろこしの屋台を見つけ「食べたい!!」と、とうもろこしを完食です。

 

箱根では、数年ぶりに浴槽に浸かり、笑顔笑顔で「温泉、気持ち良い」と何度もおっしゃていました。

お風呂上りには、浴衣に着替え、日本酒を楽しみました。

IMG_7162

 

念願の横浜ラーメン博物館では、

IMG_8914

大好物のラーメンを堪能。
2店に入り、それぞれ半人前のラーメンを完食されました。

 

サントリーホールで、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏を楽しみました。

終了後は大きな拍手をし、笑顔と涙で、大興奮でした。

 

江の島では、半袖でも散策できる気候で、車椅子から降り、杖歩行をされました。

 

IMG_1468 (1)

サプライズでいらっしゃった、ご親族をみて「おーなんと!」と喜ばれ、小さなお子様たちに笑顔でした。

IMG_7840

 

帰りの東北新幹線に乗った瞬間に、
「あー疲れた!!!本当に疲れた!!」と、車内でビールで乾杯!

 

岩手のご自宅に戻ると、一面の雪でした。

ゆったり、ゆっくり、リラックスの石和温泉4日間の旅。

石和温泉へ4日間の湯治の旅です。

 

「M先生、お帰りなさい!」と旅館に到着するとご挨拶いただきました。

 

温泉では、ゆったり、リラックスして、ぬるめのお湯にゆっくりと入浴されていらっしゃいました。

 

毎お夕食は、前菜からデザートまでテンポ良く召し上がられ、
お刺身と上質のお肉はとくに堪能していただきました。

写真4

 

お誕生日のケーキ登場に目を見張られ、大きく口を開けローソクを吹き消して下さいました!

写真2

 

ゆったり、ゆっくり、石和温泉を散策。

写真5

写真3

 

早春の石和温泉を、

温泉も、お食事も、散策も、

ゆったり、ゆっくりと、ご夫婦の時間をお過ごしいただきました。

 

 

新婚時代を過ごした舞鶴の思い出の場所をトラベルヘルパーと巡る旅

 

 

思い出の地を、写真と共に巡る旅に、甥御様、トラベルヘルパーと出かけられました。

image (9)

目に入るのもすべてに興味をもち、あれは?あれは何?と指差され、説明すると
「こんな素晴らしいものが見られたわ!こんなところにあるのね!」と感心されていました。

 

思い出の地・舞鶴へ行くことを伝えると「え?!舞鶴へ?!あら!懐かしい。湾になっているところよね」とうれしそうでした。

旧海軍官舎、共楽公園など、思い出の場所を巡りました。

image (20)

写真を見ながら昔に思いをはせます。

昭和天皇の巡行の写真もあり、当時を思い出していました。

image (21)

 

image (35)

遠い思い出に記憶をはせていました。
昔の写真を見ながら思い出話をしていました。

 

舞鶴といえばカニです。
大きなカニをみて「え?!一人一つ?!食べきれないねぇー!!!すごいよ!」。

 

image (25)

剥いて差し上げると美味しそうに召し上がりました。

 

 

image (33)

 

ご旅行を終え、無事ホームにお送りした際、ケアマネージャーさんに
「立ち上がりやお風呂、一般タクシーへ乗ったこと」などお伝えすると
「ほんとですか?!」と驚かれていました。
最後に「とても楽しかったありがとう!」と手を合わせて喜んでいました。

image (36)